橙に包まれた浅い青

受賞・入選など14篇。 写真詩・イラスト詩・ポエム動画など2333篇以上を公開。


愛に紛れた憎悪が引き千切る
崇高な結び目を容易く
歴史的経緯を踏まえずに
考慮らしい考慮の跡も残さずに

中枢を巡る空虚な交響曲
場末の雑音と大差ない不協和音
表向きはスーツでマニフェストをビシッと
内輪においても理想論でネクタイをキチッと
ただ口から出る内実は
思いつきか単調かの軽薄止まりの能足りん

後先の枠外で重なる躊躇
臨機応変より整合性を重んじるあまり
修正よりも保身に腐心していく悪循環
その傍らで置き去りにされていく真実たち

巧妙な間を経てから開示される
形式的なシミュレーションのお粗末さ
被害拡散の根源が
しおらしさとは正反対の振る舞いで
堂々と重厚な論理の傘を掲げて難攻不落演目

何が国家だ
責任のかけらも滲ませないくせに
何が国民だ
数年で忘却にかまけて他力本願のくせに




求めちゃいないよ
気にしてなんかいないよ
わざわざ言明するのが胡散臭いよ
わかってるよ
わかってるけど
否定せずにはこの
なけなしのアイデンティティは
廃れちまうってもんよ

焦がれてるよ
ああ焦がれてるよ
ランキングというランキングに
音楽も、文学も、経済も、何もかも
上位ばっかチェックして
その上っ面ばっかチェックして
その時代に後れまいと
その世代に遅れまいと
インスタントな快楽を注いでたら
ほらまた夜明けだよ
そんなん繰り返してるよ
認めたかないけど繰り返しちゃってるよ

こんなアウトプットから
生み出されるインプットなんて
そんなインプットから
導き出されるアウトプットなんて
わかっちゃいるけど
かっぱえびせんと同じだよ

残念ながらないんだよ
拠り所が
震えなくて済む拠り所が
思わず叫ばなくて済む拠り所が
ランキングしか
ランキングしか




 寂しくて寂しすぎて
そこら中の携帯を徐に鳴らしていく
すぐに返答か返信は来て
少し満たされて
わざわざ時間割いて会ってくれる人もいて
なのに会ったら会ったで
数分もせずに虚しさの極み

何がしたい? 何もしたくない。
何をすべき? 何もしたくない。
と言いつつ
携帯だけは肩身離さず持ち歩き
今日も用もなく
寂しさに押されるがまま
君らの携帯を鳴らしています

寂しくて苦しくて
何が?と聞かれたら「特に・・・」
切なくて苦しくて
大丈夫?と聞かれても「うん」としか

高層の窓明かり
あの一つ一つで練られている
その構想にひけをとらない生き方を
できた今日だったのだろうか
できた昨日までだったのだろうか
声にならない
してはいけない独り言を繰り返すうちに
なんとなく頼んだ
フライドポテトが冷めていく



このページのトップヘ