橙に包まれた浅い青

受賞・入選など14篇。 写真詩・イラスト詩・ポエム動画など2333篇以上を公開。

ゆるやかに下る坂道

少し汗ばみながら振り返ってみても

あの日の影が揺らめいている





もう一度 無理だとしても

優しく佇む影は消えない






人込みに紛れ

面影求め彷徨い続け





眩し過ぎる太陽 静かに受け止め

燃え始めた追憶の影

いつまでも降り注いでいた



思い出はいつも悲しくよみがえる



Nobody approaches



輝いている時間は短すぎて見失いがち



Nobody can approach



昨日はもう1年前と変わらない




Is it difficult to continue shining?
Is it hard that you continue shining?



遠い日のあの教室に置き忘れた笑顔



懐かしき日々は時と共に鮮やかに色づいてゆく




あの風景は曖昧なまま輝きを増し
遠く手の届かない場所へと流れていった



朽ちていく今日が戻るのはいつでしょう?

磨いても磨いても
汚れの取れなかったボール

汚いから捨てろ とよく言われた






お守り代わりに
着けていたピンバッジ

特に良いことは起こらなかった






友達が夏休み明けにくれた
お土産のキーホルダー

何度も無くしかけた






こすってもこすっても
輝かなかった石ころ


泳げないから気晴らしに探してた





希少価値は
もちろん生まれそうにない






思い出は
たいして詰まってない






その程度のモノばかり






でも捨てる気にはならない





そんなものでも捨ててしまうと
悲しむだろうから

このページのトップヘ