橙に包まれた浅い青

受賞・入選など14篇。 写真詩・イラスト詩・ポエム動画など2333篇以上を公開。

2012年03月

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ぼくが食べる。
ぼくが歯を磨く。
ぼくが脱糞する。
 

ぼくが歩く。
ぼくが喋る。
ぼくが遊ぶ。
 

ぼくが仕事する。
ぼくが風呂に入る。
ぼくが眠る。
 
1つ1つの行動が作品となる。
1つ1つの姿勢が作品となる。
その1つ1つを、「ぼく」という作品とする。
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
普段より
彼は静かにドアを閉めていた。

咄嗟に
私は長めに距離感をとっていた。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実相は
アイスクリームのようなスクリーム。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
敬礼。
真冬のような日でもミニスカートの
女子高生に敬礼。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「がんばってます」
をアピールしたいがために
がんばっているだけなのかもしれない。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
幸せを目指せる。
幸せを味わえる。
幸せを維持できる。
そういう権利を持っている。
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これだけ
つぶやきが溢れると
近いうちに
反動で
長文が賛歌されるようになりますよね。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何を考えているのか
よくわからないキャラにしておけば
何もかもが無難に終わる。
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何時間もじっくりと議論して
それなりの方向性が見えると
それだけで何もかもが
解決したかのような錯覚に陥りやすい。
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どこに行っても
どんな状況に陥っても
選択肢が
1つしかないってことはない。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
就職しないために
就活し続けているのかもしれないと
気づいてしまった。
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
目指す8年後の自分と
整合性を保てる努力を積み重ねていると
明確に言いきれるのか?
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宿題も
草抜きも
原発も
気づいたときに
対処していかないとね。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「受賞しとけば
 お前ら食いつくんだろ?」
と言わんばかりに
そこらじゅうで
モンドセレクション受賞商品ばかり。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
再稼働するか廃炉にするか。
諸々の利害が入り組んでいるから決断できないとばかり思っていたが、違うのかもしれない。【私たち】は、私たちは、この過去を否定するのを怖れているのではないか。
 

過ちだったと結論づけることで「すべては無駄だった」とされてしまうことを怖れているのではないか。だとするならば、私たちは、【私たち】にもっと歩み寄る必要がある。
 

「すべてが誤りだったわけじゃない。ただ、あまりにもリスクが手に負えないレベルだったという話なんだ。果てしない絶望を撒き散らしたことを決して忘れないと同時に、あの日までに多大な恩恵をもたらしてくれたことへの感謝を決して忘れない」と。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップヘ