橙に包まれた浅い青

受賞・入選など14篇。 写真詩・イラスト詩・ポエム動画など2333篇以上を公開。

2012年04月

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
不可能かもしれない。
圧倒的な質は不可能かもしれない。
不可能じゃない。
圧倒的な量に関しては不可能じゃない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
面接官3人。
受験者10人。
面接時間15分。
何を見ているんだろう。
何がわかるっていうんだろう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なんで「赤」くて
なんで「赤」く見えて
なんで「赤」って響きだったんだろう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
消えてなくなるその日
その瞬間までわからない。
このレースが
どう転ぶかなんてわからない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
起きた時間とか
寝た時間を自慢するんじゃなくて
何をしたかを
誇れるような一日にしたい。
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今までが
押し殺しすぎだったんだ。
もっと素直に
表現すればいいんだ。
 
 
「会いたい」と。
「話したい」と。
「愛したい」と。
「求めてほしい」と。
「認めてほしい」と。
「愛してほしい」と。
 
 
今朝の夢は
多分にそういうエールを含んでいた。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
愛されていた。
その感覚に包まれていたら
生まれることも亡くなることも怖くない。
そう教えてくれるような最期。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
募るだろう。
生きれば生きるだけ。
募るだろう。
向き合えば向き合うだけ。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
安心しなさい。
私だって「女」になりきれないことが
多々あるんだから。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
すぐ見透かされるよ。
その「ありがとうございます!」が
心からのものか、機械的なものか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
無駄にしつくす
無限のような時間による
「 ゆとり 」とはなんなんだろうか。
 
 
埋め尽くすような
スケジュールで演出する
「 忙しい 」とはなんなんだろうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「どれでもいい」
って
「これじゃなきゃ嫌だ!」

大して変わらない。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログを書くのが
生きがいってのもどうかと思うよ。
もうちょっと見渡してごらん。
ブログだけが
インターネットじゃないんだからさ。
(説教&自戒remix)
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
彼のやさしさが
彼女をやさしくさせる。
 
 
彼女のやさしさが
わたしをやさしくさせる。
 
 
わたしのやさしさも
きっと
誰かのやさしさにつながっていく。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まあ
大抵のことは
誰かがやったことのアレンジですよ。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「いいものを書きたい」と想い
願ってきたから
僕は、ここまで書いてこれた。
 
 
「いいものを書きたい」と思い
祈っていくから
私は、これからも書いていける。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
子を抱く親のように。
子をあやす祖父のように。
子を見つめる祖母のように。

誰かに対しても。
何かに対しても。

忘れそうな夜には特に。
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
すれ違う
在来線の窓に映る表情に
そっと寄せるような春風を。
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
強く想いました。
生きているうちに
なんとかして答えたいと。
 
深く想いました。
生きてくれているうちに
なにがなんでも応えたいと。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
委ねればいいんだよ。
おいしいとこ取りなんてしないで。
任せればいいんだよ。
一人一人の規律と想像を信じて。
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
両親であろうが
恋人であろうが
友人であろうが
目上であろうが
目下であろうが
ビジネスであろうが
プライベートであろうが
 
いかに短い時間で済ませるかに
カタルシスを覚える癖は治っていない。
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キミが
たしかにいてくれたこと。
キミが
いなくなっても続いていくこと。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
可決されました。
高齢者住宅の雪下ろしを
公共事業化しちゃう法案は全会一致で。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「傑作」がついてると
「書いてよかった!」って心がはねる。
 
単純なもんだ。
そんなもんだ。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップヘ