橙に包まれた浅い青

受賞・入選など14篇。 写真詩・イラスト詩・ポエム動画など2333篇以上を公開。

2012年07月

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
恐いの。
鈍くさいのがバレちゃうのが。
 
わかってる。
バレたところでどうってことない。
でも、この恐さはまだ拭いきれない。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これ以上
言い訳をしないためにも
今、思いつく
アイデアは全部試しておこう。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
音楽雑誌『ROCKIN'ON JAPAN』に投稿し採用されなかったCDレビューです。
一部改稿しました。
 
内容は、2012年3月21日にリリースされた
LUNA SEAのシングル『THE ONE -crash to create-』について。
 
 
イメージ 1
 
 
【 タイトル 】
 
22分56秒の五重力奏
~ LUNA SEA
  『THE ONE -crash to create-』 ~
 
 
 
【 価格 】 0円
 
 
 
 
【 無料配信 】 

 
パブー第1回エッセイコンテスト応募作品。
『私に影響を与えた1冊』がテーマですが結果的に書評に近い形となりました。

取り上げたのは、
高橋源一郎の『13日間で「名文」を書けるようになる方法 』
 
文章を書いたり・読んだりすることが好きな人に
是非読んでもらいたい1冊です。
 
 

 
【 タイトル 】  「名文」とは何か
 
【 価格 】 0円
 

【 無料配信 】 https://puboo.jp/book/47757
 
イメージ 1

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
世界を変えた詩。
世界を変える詩。
世界を変えていく詩。
 
この頭の中に詰まっている。
この心から溢れ出してくる。
この指先から羽ばたいてゆく。
 
その愛が
この詩を描かせてくれる。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オリンピックで
感動するのもいいけど

君も、僕も
誰かを、世界を
君の手で
僕の手で感動させないとね。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忘れちゃう前に 
冷めちゃう前に
日記に混ぜて 
詩歌に混ぜて
「 君へのラブレター 」とする。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
気づいたら
喉の痛みがなくなっていた。
 
飲むたびに
食べるたびに
唾を飲み込むたびに痛かった。
その痛みがなくなっていた。
 
 
もう言い訳は出来ない。
全力を
尽くせない理由は完全になくなった。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
世界を抱きしめる。
もう一度、深呼吸して。
それが、今日という日に対する感謝。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「眠い、眠い」
と言いながらも
ケータイを打つ手は
それから30分以上止まらなかった。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
見かけたんだ。
申し訳なさそうに
横断歩道を小走りする背中を。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最悪の1日を回避した。
そう言えるように奔走した。
 
最高の1日だった。
そう思えるように全力を尽くした。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
馬鹿みたいな日射しの強さ。
どうしようもない汗の臭さ。
飲んでも飲んでもすぐに渇く喉の脆さ。
全部引っくるめて好きですね。
 
もう何をするにしても
誰と会うにしても
1年分のエネルギーを爆発してやるって
1秒でバッと思えてしまういい加減さ。
夏じゃなきゃ
こうは上手く開放できない。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「 もっと読んでほしい 」
そう思うと同時に
こんなブログを読むのは
「 時間の無駄ですよ 」
「 電気代の無駄ですよ 」
と言いたがる自分がいる。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どんどん書いて
どんどん出せばいいの。

気になるなら
後からどんどん直せばいいんだから。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
つながっている。
つながっていないと思うときほど。
 
つながっている。
つながりというつながりを
まったく感じられないときほど。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
時間をかけても
限りなく完璧に近い一篇を書くべきか。
 
未完成でも
今手元にある
五万篇近くを一気に公開していくべきか。
 
この二項対立のような
問い立て自体が不毛なのか。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
物理的に
1人きりになることを
「孤独」と思い込みたがる。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
満たされなさを
他人の人生にぶつけても知れてる。

その満たされなさを
そろそろ
まるごと自分に注いでみてはいかが?
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どれだけ美しいとしても
どれだけ素晴らしいとしても
受身のままで
主導的展開を待つのは虫が良すぎるわ。
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
意外と
女性誌を1冊
置いておくかどうかで
人の心象は変わるもの。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「了解」と
あの子にも
こんな
さっぱりとした返信をしているのだろうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
続けてみなければ
出逢えない感覚がある。
 
諦めてみなければ
はじめられないことがある。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

このページのトップヘ