橙に包まれた浅い青

受賞・入選など14篇。 写真詩・イラスト詩・ポエム動画など2333篇以上を公開。

2012年08月

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
寂しさを感じる。
直後はどうしようもなく。
一言も話をしなかった人に対しても
共感が芽生えていたことに痛切に気づく。
 
 
そうだ。
声をかければいいんだ。
最初からもっと、もっと。
気になる人には遠慮せず。

それに気づけた。
ここに来てようやく気づけた。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
相手を変えて
場所を変えて
同じことを繰り返している。
 
ただ繰り返している。
 
無意識なようでいて
はっきりと自覚している。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

生きてる。
書いてる。
読んでる。
満たされてる。
一秒一秒が幸せ以外の何物でもない。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日曜日みたいな
土曜日みたいな
陽射しに誘われて
まともに
弾けないギターを担いで
用もないのに
あの歌の主人公みたいに
土手までテクテク。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
言葉にできない。
そうじゃなくて言葉にしたくない感じ。
 
 
うん。
あまりにも綺麗だと
そう想うこともありますよね。
 
 
カチッとした
記憶にしたくないというか
思い出として
固定化したくないっていいますかね。
 
 
うん。
言葉にするだけが表現じゃないし
言葉だけがすべてじゃないしね。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
思い立ったら
何度でも生まれ変われる。
 
人生ってそういうものなの。
そう、信じてしまえばいいの。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何冊読んだかよりも
何を読んで
何を書いたかをより重要視していく。
 
 
それだけで
読むものも変わってくるし
書く内容も変わってくる。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お前の人間性が
否定されたんじゃない。
お前の志望動機の
メリハリのなさが
否定されただけのことさ。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答えようと思っても
応えようと思っても
さっと答えれないから
さっと応えられないから
生き甲斐があるんだろうな。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
全部ここにある。
やりたいことも、やるべきことも。
わざわざ
長々と考えなくても
延々と並べてみなくても。
 
 
全部ここにある。
ずっとずっと昔から
ずっとずっと先までここにある。
 
 
やりたいことも
やるべきことも
すべてはここにある。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
妄想を
構成する快感に目覚めた者は
現実を
再構成する意義に辿り着いてゆく。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
真夜中まで
出しっぱなしの洗濯物は
疲れ果てた
この体とこの心に負けじとくったくた。
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
僕は幸せ。
世界の誰よりも、何よりも幸せ。
毎日が
誕生日と結婚式の繰り返しみたいさ。
 
 
一瞬一瞬が幸せに満ちていて。
その幸せが細胞分裂のように
次から次に幸せを運んでくる。
 
 
僕は幸せ。
この幸せをみんなにフィードバック。
世界にフィードバック。
そしたらもっと幸せに。
どんどん幸せに。
人生ってシンプルだった。
ちょっと忘れかけていた。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何を言っても
今の僕じゃ説得力がない。
だからといって
言いたいことを隠しては相手のためにならない。
言うべきことを殺しては世界のためにならない。
 
 
もっと言いたいこと言っちゃえばいい。
言うべきこと言っちゃえばいい。
 
それが
「相手のため」や
「世界のため」を通じて
自分のためにつながってゆくから。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
結果がどうであろうと全力の過程は色褪せない。
そこから滲み出す感動は揺るがない。
 
 
凄いことだ。
凄い人たちだ。
でも
彼ら、彼女らも人間だ。
素質や才能や分野は違えど僕らと同じ人間だ。
 
 
その姿が教えてくれるのは可能性の尊さだ。
僕らも同じように
あんな笑顔を咲かせたり
おもいっきり涙を流せるかもしれない。
そう思わせて
新たな夢を個々に描かせてくれる。
 
 
結果はどうであろうと
オリンピックに出場して競い合う姿を見せてくれたことで
僕らは多くの何かを大きな何かを得ることができた。
 
 
本当、凄いことだ。
本当、凄い人たちだ。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
無数の汗が流れていった。
無数の涙が流れていった。
無数の熱が乾いていった。
無数の夢が散っていった。
 
 
そうした
無数の切磋琢磨の果てに
輝かしい煌めきが
静かに その首にかけられた。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
空とセックス。朝とセックス。
海とセックス。昼とセックス。
街とセックス。夜とセックス。
君とセックス。僕とセックス。
 
 
この世界とセックス。
この人生とちゃんとセックス。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「 存在しなくなることを
  存在しているうちに想像できるのって
  どんな感覚なんだい? 」

夜道で光る瞳は
ひそやかに投げかけていた。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
はい、はい。
遠くの花火の音に
いつまでも耳を澄ませない。
 
今、あなたはここにいるんだから
ここで最大限に楽しむことを考えなさい。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なんでコレで稼げないのか?
本当に稼げないのか?
やり方がマズイだけじゃないのか?
「好き」が足りないんじゃないのか?
ちゃんと工夫してんのか?
 
絶えず葛藤してますよね。
コレで稼げないのはおかしいって。
絶えず言い聞かせてますよ。
コレで稼げるに決まってるって。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
君は
未完成だと言ってやまないが
僕から見れば
どう考えても完成にほかならない。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今、気づいていない。
今、振り向いてくれない。
 
そういう人が
後から読んだときに
度肝を抜かれるような代物を淡々と。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
「 国境を越えていく車列 」
 
 
国境を越えていく車列
あの中には
国境を越えては
ならないものが大量に積載されている
 

はっきりとしていた
随分前からはっきりとしていた
輸入してはならないものが
輸出されてはならないものが
大量に
国家レベルで
やりとりされていることは
はっきりとしていたはずなんだ
 

周辺国は
悪戯に事態を刺激することを怖れ
その両国のやりとりに 目を瞑っていた
 

その間に
車列は 国境を越えていった
 

堂々と
土煙を上げながら 越えていってしまった
 
 
 

 
 
 
「 唄えない弾けないミュージシャン 」
 
 
ビートが
心を震わせた
正確に言うならば
脳がまるごと揺れた
胸ではなく脳が揺れた
 

あの夏以来
ぼくは楽器も弾けないのに
ミュージシャンを目指し始めた
 

言動、ルックス、パフォーマンス
こと細かく分析して
自分の中に取り込んでいく
 

でも
歌を唄おうとか
楽器を弾こうとか
曲を作ろうという発想にはならなかった
 

ただ単に
上手くなるための
プロセスがめんどくさかった
それだけのことだった
 

いつからか
流れてくる歌詞を
空耳で受け取って
詩を書き始めるようになった
それは楽しくて楽しくて
時計の速度を忘れさせる
魔法のような習慣となっていった
 

ビートが
心を震わせる
メロディーが
詩を書かせてくれる
 

0から書くことはほとんどなくて
何らかの曲を聴いて
それを気に入って
空耳も混ぜて替え歌にしていく
 

それがやがて
僕だけの“詩”となり
その詩がやがて
僕を“ミュージシャン”と名乗らせる
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
人生史上
最強だし最高だと思ってるよ。
 
もちろん今日も。
俺は俺自身を。
 
あんたもそうだろ?
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最終的にこの1行も
数十億人が読むことになるし
この1行をきっかけに
数億人が書き始めることになる。
 
 
 
「なに寝惚けたこと言ってるんだ?」
 
 
なんで無理だと決めつけるの?(笑)
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一人一人が出場選手なんだ。
進み始めた瞬間から。
 
 
一人一人がメダリストなんだ。
続けようと決めた瞬間から。
 
 
一人一人がヒーローなんだ。
楽しんで集中して
真剣に取り組んだ瞬間から。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
不安定でも
絶不調でも
その時、出せる全力を出せばいい。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いなくなる。
誰も彼もがもれなく。
 
いなくなる。
何もかもがもれなく。
 
そんな
当たり前のことを忘れてしまう。
 
そんな
当たり前のことだからこそ忘れてしまう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

このページのトップヘ