橙に包まれた浅い青

受賞・入選など14篇。 写真詩・イラスト詩・ポエム動画など2333篇以上を公開。

2012年09月

11月に、初めて詩の展覧会を開催します。
2つの会場で6日間ずつ行います( 2会場とも同一内容 )
 
 
このブログで公開している詩から4篇。
名古屋市民文芸祭などで入選した詩を6篇( ブログ未公開 )
この展覧会のために用意した新作を3篇( ブログ未公開 )
合計13篇の詩を展示。
 
 
これまでの詩作の集大成かつ、
これからの詩作の方向性を匂わす詩の個展。

お近くにお越しの際は、ぜひお気軽にご鑑賞ください。
 
 


詩展 2012
 
   Shallow
  
  Blue
     in Orange
          
    11.7(水) ~ 11.12(月)
            本陣ギャラリー 
          
    11.14(水) ~ 11.19(月)          
            黒川ギャラリー 
 
 

          komasen333


 
2012年 11月7日(水)~12日(月)
 
 
【 会場 】 本陣ギャラリー 
       ( 名古屋市営地下鉄 東山線  本陣駅 改札外 )
 
 
【 住所 】 〒453-0044 愛知県名古屋市中村区鳥居通2丁目36
 
【 時間 】 9:00~19:00  
 
【 料金 】 入場無料
 
 
【 アクセス 】 
< 地下鉄を利用する場合 > 東山線「本陣駅」で下車。改札を出てすぐ。
< 地下鉄を利用しない場合 > 「本陣駅」の1~4番出入口から駅構内へ。
 
 
 



○2012年 11月14日(水)~19日(月)
 
 
【 会場 】 黒川ギャラリー 
       ( 名古屋市営地下鉄 名城線  黒川駅 改札外 )
 
 
【 住所 】 462-0046 愛知県名古屋市北区城見通3丁目13

【 時間 】 9:00~19:00  
 
【 料金 】 入場無料
 
 
【 アクセス 】 
< 地下鉄を利用する場合 > 名城線「黒川駅」で下車。改札を出てすぐ。
< 地下鉄を利用しない場合 > 「黒川駅」の1~4番出入口から駅構内へ。
 
 
 
 

 
(*)
ギャラリーへのお問合せはご遠慮ください。
個展に関するご質問は、この記事の最下部のコメント欄から。
もしくは、右記の「お問合せ」に載っている
メールアドレスへお願いします。
 

 
 
 
最近、このブログで
書いている詩はこちらの書庫にあります↓
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家の中にいるときは
「寒い日だな」と思っていたけど

外に出てみると
「それほど寒くないじゃん」
ってことが
人生にはよくある。
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その場で
言いたいと思っても言わずにおいたことを
後から改めて言おうとして
思い出せることはほとんどない。
 
 
総じて
私の想いとか願いは
そんなに強くないし、深くもない証拠。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
無理矢理
選び取ったポジティブは
とてもじゃないが
「ポジティブ」とはいえない。
 
 
納得して
選び取ったネガティブは
もはや「ネガティブ」とはいえない。
それは、決して「ネガティブ」ではない。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忘れないよ。
忘れていないよ。
それを証明したくて
綴っているようなもんだよ。
 
 
って
カッコつけることしかできないよ。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
書いたらこっちのもの。
読んだらこっちのもの。
 
 
考えたらこっちのもの。
考えさせたらこっちのもの。
 
 
動いたらこっちのもの。
動かせたらこっちのもの。
 
 
世界ってそういうもの。
人生ってそういうもの。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「 一人一人が当事者 」
「 一人一人が発明家 」
「 一人一人が芸術家 」

そんな意気込みになれば
もっと、もっと、もっと高まるはずだろ?
もっと、もっと、もっとよくなるはずだろ?
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
簡単に取り組めて
目に見える成果が出やすい。
 
 
調子がイマイチなときは
気分が乗らないときは
そういうことから手をつけていく。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
噛みしめる。
無理して抗うなんてバカらしい。

噛みしめる。
無理して受け入れなくてもいい。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
幸せになるための
セミナーに向かっていた。
その時、電話が鳴った。
 
 
 
大した話じゃなかったけど
急いでその人の元へ戻った。
 
 
 
 
私が戻れば
少しはその人の「幸せ」につながると。
 
 
 
幸せになるためのセミナーよりも
今は幸せにできることをしようと想った。
 
それが
私の幸せにもつながると想ったから。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今、読んでるあんたは運がいいよ。
 
 
これから
どんどん凄くなって
どんどん美しくなって
どんどん素晴らしくなる一方だからさ。
 
 
今から読んでおけば
青田買いってことだよ。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
駆け込むな すぐに次くる 東山線
 
 
 
 
地下鉄を お部屋きどりで まつ毛カール
 
 
 
 
あと1歩 奥につめれば みんなラク
 
 
 
 
お荷物も ひとりぶんの 席をとり
 
 
 
 
おしゃべりが にぎやかすぎる オバタリアン
 
 
 
 
優先席 寝たふり通して 席立たず
 
 
 
 
席つめず 7人掛けに 5人だけ
 
 
 
 
マスカラも ほどほどにして ひとの前
 
 
 
 
よく確認 右・左回り 名城線
 
 
 
 
かけるなら 降りてからしよう ケータイは
 
 
 
 
席ゆずる 大人を見つつ 子は育つ
 
 
 
 
車内で 朝メシ頬張る 寝坊助
 
 
 
 
リュックは 下ろして乗ろう ラッシュアワー
 
 
 
 
濡れた傘 閉じずに駆け込み 水びたし
 
 
 
 
学生よ バッグで埋めるな ドア付近
 
 
 
 
白線の 外側歩くな 千鳥足
 
 
 
 
いい曲も 音漏れすれば ただのノイズ
 
 
 
 
座るなり 足を投げ出し 通路封鎖
 
 
 
 
駆け込むな じっくり待とう 鶴舞線
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ストレスは 玄関前まで 父イズム
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「行ってくる」 愚痴ひとつなく 25年
 
 
 
 
 
 
 
 
 
勤続の 表彰状捨てる 照れ屋さん
 
 
 
 
 
 
 
 
 
就職し 改めて揉む 父の肩
 
 
 
 
 
 
 
 
 
生きるとは 稼ぐことだと 語る背中 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
すらっとしている。
くたっとしていない。
 
 
姿勢がいい。
無理して
背筋を伸ばしているという感じではない。
 
 
胸を打つ。
ただ、
その姿だけで胸が震える。
 
 
なんてことはない地下鉄。
その人がいるだけで
その人がいただけで神々しくなる。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あのね。
書いていることを
リアルタイムの出来事と受け止められても困るわけ。
 
こっちだって
勢いで書いているんじゃないからさ。
たとえそれが1行でも。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
完全な体調なんてない。
完全な精神なんてない。
完全な関係なんてない。
完全な目標なんてない。
完全な世界なんてない。
 
 
不完全でいい。
 

それを前提にすれば
何も怖がることなんかない。
何も恥ずかしがることなんかない。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ネガティブなことを
考えるのがいけないのではなく
ネガティブなことを
ポジティブに考えようとするかどうか。
 
 
つまり
疑って、疑って、疑い続けること。
 
そして
信じて、信じて、信じ抜くこと。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「こんなにも
 やらなければならないことがある」
と、捉えるくらいなら
 
「こんなにも
 人生の暇潰しに役立つ課題がある」
と、考えてコツコツ。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まだ
美しい詩や素晴らしい詩を
コンスタントに書く自信はないけど
癖になる詩を
コンスタントに書いていくことに関しては
確信に近いものがある。
 
 
と、
書いてしまえばこっちのもの。

というコレを
読んでもらえればしめしめもの。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
笑っていいともの
「 そ~ですね 」は
良くも悪くも
日々くり返される
日本人の
受容や肯定や和を
尊ぶ精神の象徴といえる。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あの観客席の数万人の心を
こちらにも何とか引き寄せられないものかと
考えずにはいられないのが表現者の性。
 
 
あの観客席の数万人の力を
もっと効率的に利用できないものかと
考えずにはいられないのが商売人の性。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その背中をそっと押すだけじゃない。
その心にずっと
灯し続けるような1行を探してる。
 
 
今日も探してる。
明日も、明後日も探していく。
 
 
まだ出会わぬあなたにも
まだ見ぬ世界にも
何らかの色を滲ませるような1行を。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
落ち込んだときは
苛立ったときは
太陽を見上げるんだ。
 
どれだけ
やつは「GIVE」して
貢献してるんだって話だよ。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
残り7年で達成できるだろうか。
そう思うことを年内ですべて達成しようと方針転換した。
 

体裁を変えてでも
表現を変えてでも
何が何でも、年内にすべて達成しようと思う。
 
 
今年一杯で人生が終わるかのように
今年一杯で世界が終わるかのように頑張ることにした。
 
 
後悔という後悔が
1グラムも残らないように
今年中にすべて叶えようと決めた。
 
 
予告も、経過も、成果も
そのつど報告していくから
期待だけしておいてくれればいいです。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
図書館の本だっていうのに
色んなページの端が折りまくってある。
 
 
図書館の本として
大事にされてるとは言えないけど
1冊の本としては本当に多くの人に愛されてきた。
 
 
 
ご苦労さん。
これからも多くの読者を勇気づけてくれよ。
 
 
折れ曲がったページを
1ページ1ページ直してゆく。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
人気ロックバンドの新作を聴いた。
 
 
音も詞も
 「 それでも前へ 」
 「 だけど光へ 」
といった
ニュアンスに満ちていて
 
 
この時代の
混沌具合を象徴しているようで。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
みんながみんな
同じ方角を見つめていたら
 
その他の方角は
まるで
全く必要ないかのような
捉え方をされかねないから。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップヘ