橙に包まれた浅い青

受賞・入選など14篇。 写真詩・イラスト詩・ポエム動画など2333篇以上を公開。

2014年01月

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
意味を求めるほどに
無意味に近づいてゆく。
 
 
無意味に浸れば浸るほど
意味が尊くなる。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やる気も
努力も
センスも
才能も
エネルギーも
忍耐も
専門性も
柔軟性も
最底辺に位置していると
自覚。
 
 
 
その事実が嫌になる以上に
その自覚があるからこそ
「極端な絶望や希望を抱く心配がない」という心地よさがある。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
以下のような状態にいる人を見ると
歯がゆい思いがしてなりません。
 
 
 
①「自分で自分の能力を
  過小評価して押し殺してしまっている人」
 
 
②「才能があるのにエネルギーを
  間違った方向にぶっ放している人」
 
 
 
上記の人たちのことを考える前に
「自分の心配をしろ!」とよく言われますが
「自分のことに専念しろ!」とよく言われますが
 
 
 
上記①と②にあてはまる人は
少しのきっかけで
本人はもちろん
全体のために
大きな貢献をしてくれるのが容易にイメージできます。
 
 
 
①と②にあてはまる皆さんが
どうかその能力を
その才能を
そのエネルギーを
理想的な方向にぶっ放せるようになりますように。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何もしていないようで
ちゃんと何かをやっている。
 
いろいろやっているようで
何1つちゃんとやっていない。
 
交互に繰り返していくことに
いちいち
過大な責任感や
罪悪感を感じるのは馬鹿らしい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
再生しなきゃ聴けない、音楽は。
再生しなきゃ見れない、映画は。
 
再生している。
再び生きている。
 
聴くたびに
見るたびに
誰もが再生している。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「公約負けしない実行力
 とはもう言わないからさ
 せめて、
 言葉負けしない行動力を
 みせてほしいよ」
 
 
候補者への期待。
で、あると同時に
 
それは
自分から自分へのエールでもあった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
言語に頼っているわけだけど
常に言語を言語で
越えていく気概を
表現し続けなければならない。
 
それが言語というものに対する
最低限の敬意なのだと
自覚し始めている。
 
こう書いたところで
「何を書いちゃっているんだ俺は!」
と思った。
 
 
だが
上記をわざわざ公開することに対して
躊躇いを覚えることはなかった
という自惚れラララ~
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
同じものばかり作っていると
違うものが作れなくなるよ。
 
違うものばかり作っていると
同じものが作れなくなるよ。
 
 
何を作りたいのか考え直そうよ。
何を作り続けたいのか確かめ直そうよ。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「いやはや、ちょっと待ってくれよ」
と言ったものの
別にそのまま進めてくれても
何も問題はなかった。
 
 
「いやはや、勝手に進めてよ」
と言ったものの
そのまま進められてしまっては
大いに問題があった。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
歩いても歩いても見つからない。
だから、人生は続いていく。
 
探しても探してもわからない。
だから、人生には終わりがある。
 
繋いでも繋いでも変わらない。
だから、世界は続いていく。
 
 
 
あなたがいなくても大丈夫。
わたしがいなくても大丈夫。
 
あなたが いつ いなくなっても大丈夫。
わたしが いつ いなくなっても大丈夫。
 
あなたが 最後まで いなくても大丈夫。
わたしが 最後まで いなくても大丈夫。
 
あなたが 最初から いなかったとしても大丈夫。
わたしが 最初から いなかったとしても大丈夫。
 
 
 
その事実に
侘しさや寂しさや虚しさを覚えることがある。
ごく自然なことだと思う。
 
 
だけど
それらの感覚を
抱き続けるのはエゴでしかない。
 
 
それらの感覚を
吐き出し続けたいなら
芸術にまで高めなければならない。
 
 
 
最低限のマナーよ、それがその人生における
最低限のマナーよ、それがこの世界における
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私は私に約束できない。
私は私を予測できない。
私は私を楽観できない。
私は私を悲観できない。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
時間ない。
能力ない。
経験ない。
意欲ない。
目標ない。
希望ない。
 
されど、終わりたくない。
絶対に終わらせたくない。
そこだけは変わらぬ一線。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
呑気に
「今日はいい天気」と言ってられない。
 
ここが好天ということは
別のところは悪天ってことなんだから。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レールに
沿っていけばいいってものじゃない。
 
レールから
外れていけばいいってものじゃない。
 
たまには
レール自体を作ってみればいいじゃない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
書いて、書いて
書き続けた先に何かが待っている。
 
書いて、書いて
書き続けた先に誰かが待っている。
 
そう信じている。
そう願っている。
今も、あの頃も、これからも。
 
そんな物語を生きていく。
そんな物語に生かされていく。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自分は何でもできる。
そう思うときでも
私は
世界に対して
多大な迷惑をかけている。
 
 
自分には何もできない。
そう思うときでも
私は
世界に対して
何らかの貢献をしている。
 
 
彼も、私も、彼女も、あなたも
1人もれなく
そうした「自分」を抱えながら生きている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忘れたいと思いながらも
全然忘れられないのは
どこかで
忘れたくないという想いが強すぎるから。
 
 
言葉や口から
どんなに「忘れたい」が溢れて
どんなに「忘れたい」を連ねても
それは
「忘れたくない」の裏返しでしかない。
 
その感覚を
受け入れてから始まる風景に
怯えたままでいる。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おい、そこのインプット馬鹿!
そろそろアウトプットしなさい。
 
おい、そこのアウトプット馬鹿!
そろそろインプットしなさい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日、大学時代のゼミメンバーと雑談会。
半年に一回くらいは会うお馴染みの顔ぶれ。
 
昼過ぎに集合し、
初詣、露天巡り、ファミレス、居酒屋、カフェという流れ。
 
9時間近く、場所を変えながら、
況話や他愛もない雑談をくり返した。
それでも、あっという間に時は過ぎていく。
 
どうでもいい話だけで
延々と時間をつぶせて、
大して飽きることもなく、
それなりに長い時間を楽しめる。
 
よくもまあそんなに長時間話せるよなあと、
他人事のように想う。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1週間
新聞を読まなかった。
 
1週間
ニュースを見なかった。
 
それはそれで
少しもどうってことなかった。
 
 
そう言い切れる人を
少しだけ羨ましく思った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
時間がない?
バカを言え。
時計を見るな!
 
 
時間がない?
バカを言え。
時計など捨てろ!
 
 
 
あんたより時間がない中で
どうにかこうにかやり抜いている人が
何万人いることだろうか。
 
 
あんたより時間がない中で
なんとか工夫して乗り越えている人が
何億人いることだろうか。
 
 
 
時間がない?
世界で一番忙しい仕事についているわけでもないのに。
 
 
時間がない?
世界で一番忙しい創造を続けているわけでもないのに。
 
 
時間がない?
世界で一番忙しい立場で生きているわけでもないのに。
 

 
 
時間がない?
バカを言え。
時計を見るな!
 
 
時間がない?
バカを言え。
時計など捨てろ!
 
 
あんたより忙しい人は世界に何万人といるよ。
俺より忙しい人は世界に何億人といるよ。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
はい、2013年はおしまい。
はい、2014年のはじまり。
 
はい、振り返るのおしまい。
はい、思い描くのおしまい。
 
はい、1月1日の今を味わうのみ。
はい、1月1日の自分を動かすのみ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

このページのトップヘ