橙に包まれた浅い青

受賞・入選など14篇。 写真詩・イラスト詩・ポエム動画など2333篇以上を公開。

2015年08月



~ ポジティブ ポエトリー ポッシブル ~





~変わる心は恋のせいに 変わらぬ心は愛のおかげに



人気詩ランキングベスト7!(2015年8月31日現在)




イメージ 1



2位 素直瞬間

イメージ 2




イメージ 3




イメージ 4




イメージ 5




イメージ 6




イメージ 7






並ぶ。
猛暑日に並ぶ。
炎天下で並ぶ。
そんなに食欲もないのに並ぶ。

話題の店だとすすめられたから並ぶ。
暑いけど並ぶ。
暑すぎるけど並ぶ。
やっとのことで店内に入る。

満員。
全然涼しくない。
空調はガンガンに入っているが
調理人の熱気と客の多さと夏日が相まって
画的にも体感的にも涼しさを感じない。

注文する。
中々でてこない。
待ちわびる。
イライラが増す。
カッ~

やっと
注文した品が目の前にやってくる。
一口、辛い。
あまりにも辛い。
イライラが増す。
カッ~

覚悟はしていたが辛い。
イライラが増す。
カッ~

想像していた二十七倍も辛い。
イライラが増す。
カッ~

それでも食べる。
イライラが増す。
カッ~

ひたすら食べる。
イライラが増す。
カッ~

食べるペースを止めない。
イライラが増す。
カッ~

何を食べているのかよくわからなくなってくる。
イライラが増す。
カッ~

何のために食べているのかよくわからなくなってくる。
イライラが増す。
カッ~

それにしても辛い。
イライラが増す。
カッ~

なかったはずの食欲がみなぎっている。
イライラが増す。
カッ~

ほんと辛い。
イライラが増す。
カッ~

味よりも辛さしか感じなくなってくる。
イライラが増す。
カッ~

水はもう何杯目だろうか。
イライラが増す。
カッ~

ちょっと食べるペースが落ちる。
イライラが増す。
カッ~

辛いが食べ続ける。
イライラが増す。
カッ~

食べることに意地になっている。
イライラが増す。
カッ~

周りの声が聞こえなくなるほど
食べることだけに夢中になっている。
イライラが増す。
カッ~

汗を拭いても拭いても流れる。
イライラが増す。
カッ~

夢中で食べるが辛いもんは辛い。
イライラが増す。
カッ~

なんとか麺と具は食べきる。
イライラが増す。
カッ~

飲まなくていいスープを飲んでいく。
イライラが増す。
カッ~

水と交互にスープを飲んでいく。
イライラが増す。
カッ~

スープ飲んで
水を飲んで
スープ飲んで
水を飲んで
ちょっと休んで
またスープを飲んでを繰り返す。
イライラが増す。
カッ~

途中で気づく。
飲みきるのは無理だと。
イライラが増す。
カッ~

それでも飲めるとこまで飲もうとする。
イライラが増す。
カッ~

何と戦っているのか。
イライラが増す。
カッ~

何で意地になっているのか。
イライラが増す。
カッ~

コップの水を置いて深呼吸。
イライラが増す。
カッ~

鉢に手が伸びない。
イライラが増す。
カッ~

手を合わせて無言のごちそうさま。
イライラが増す。
カッ~

当然だけど完食はできなかった。
イライラが増す。
カッ~

それにしても辛かった。
イライラが増す。
カッ~

辛いにも程がある。
イライラが増す。
カッ~

まだ水を飲みたくなる。
イライラが増す。
カッ~

衝撃的な辛さだった。
イライラが増す。
カッ~

食べたばかりなのに辛さしか記憶に残っていない。
イライラが増す。
カッ~

味を思い出せないレベルの辛さが舌に残ったまま。
イライラが増す。
カッ~

混み合う店内をかきわけ席を立つ。
イライラが増す。
カッ~

会計にも列が出来ている。
イライラが増す。
カッ~

店を出る。
イライラが緩む。
カッ~

風が強い。
イライラが減る。
サァ~

かなり涼しい。
イライラが消える。
スゥ~

味ははっきり覚えていないが
辛さしか印象に残っていないが
うまかったという満足感に満ちている。
イライラは消えている。
フゥ~


が、
辛さしか印象に残っていないのに
「うまかった」という感想は
どういうことかと自分でも思う。
イライラが顔を覗かせる。
カッ~

この「うまかった」という満足感は
暑さと辛さによる
イライラの影響で生まれた感覚?
イライラがよみがえる。
カッ~

味は大したことなかったんじゃないかと自問する。
イライラが増す。
カッ~

舌は辛さしか思い出せないままでいる。
イライラが増す。
カッ~

風が再び強く吹く。
イライラが緩む。
サァ~

かなり涼しい。
イライラが減る。
スゥ~

風が抜けて全身が気持ちいい。
イライラが消える。
フゥ~

味ははっきり思い出せない。
辛さしか印象に残っていない。
「うまい」という満足感は
暑さと辛さが混ざりあって
生まれた感覚の気もする。
けれど
「まあいっか」と想う。
ハァ~







イメージ 1


イメージ 2








約束してないことを

約束しないまま

約束したかのように

やり続けることを誓います。


役に立たないことを

役に立たないまま

役に立たないように

やり続けることを誓います。










イメージ 1


イメージ 2






「集団的自衛権の行使容認」の明確化
いつからか 憲法改正という正規ルートから脱線か
いつからか 「憲法改正しなくても大丈夫」って裏ワザか

閣議決定での憲法解釈変更から安全保障関連法案の成立で完結か



多数の憲法学者
法案に含まれる「集団的自衛権の行使容認」は違憲の可能性が高いと指摘

それでも政府は
「法案は合憲です」と強調して今国会での成立に猪突猛進

各社世論調査
今国会での安全保障関連法案の成立に「慎重・反対」の声が半数超えや半数近く

それでも政府は
「丁寧な説明を続けます」と強調して今国会での成立に一心不乱



まさかのまさか
仮にも「民主主義国家」で
世論の声に耳を傾けようとしない
独裁政権のようなエゴプレイを見せつけられる展開

まさかのまさか
仮にも「資本主義国家」で
無鉄砲な極右政権のような
軍事コスト&リスク増加プレイを見せつけられる展開

まさかのまさか
仮にも「法治国家」で
無秩序な極左政権のような
強引マイウェ~イな違憲立法プレイを見せつけられる展開



建築コストの増大が批判されて計画見直しを始めた新国立競技場建設問題
違憲と軍事コスト・リスクの増加が懸念されても固執する安全保障関連法案
皮肉なほどに際立ってしまったコントラスト



「違憲の可能性が高いことは認識しています。
 それでも修正はしないまま法案の可決を目指します。
 法案成立後に違憲判断が下されたら
 その時はその時で廃案や修正をすればいいんです。
 まあ、とりあえず今国会で成立させましょう」
 なんて
 軽い奥底の本音が透けてみえるから理解も共感も得られない構造



多数の専門家の懸念も意に介さず
世論の慎重・反対意見も気にせず
「将来の日本の平和のために必要な法案だから」と
「何が何でも今国会で成立させなければならない」と
勝手に焦りまくって
勝手に慌てまくって
勝手に煽りまくって

今国会での成立を目指す使命感に
勝手に酔いしれる権力のロマンは単なる傲慢







イメージ 1


イメージ 2








繰り返すことに
感動しない繰り返しなどは
繰り返すに値しない。

繰り返すことに
苦悩しない繰り返しなどは
繰り返しにすら成らない。









イメージ 1


イメージ 2






生きている
この街のどこかで
それだけで尊い ふと思い出す 


生きている
この国のどこかで
それだけで尊い ふと思い出す


生きている
この星のどこかで
それだけで尊い ふと思い出す


二度と会うことはなくても
この街のどこかで
この国のどこかで
この星のどこかで 生きている


それだけで尊い
ふと思い出す

思い出せる心が ここにある 確かにある







イメージ 1


イメージ 2








リツイートよろしくお願いします。
いや、
リツイートはやめてください。
いやいや、
リツイートよろしくお願いします。
いやいやいや、
リツイートはやめてください。
(優柔不断mix)









イメージ 1


イメージ 2









自分を満たさずに
周りを満たす人。
自分を満たして
周りを満たさない人。
自分も周りも
満たしていく人。

行ったり来たりを繰り返して
人生は円熟味
帯びるような帯びないような。










イメージ 1


イメージ 2

このページのトップヘ