橙に包まれた浅い青

受賞・入選など14篇。 写真詩・イラスト詩・ポエム動画など2333篇以上を公開。

カテゴリ: 2Loneリ煮

  あっとうてきなりょうです。
おどろくべきなのはそのそんざいがかれがしぼうするちょくぜんまでだれにもしられていなかったというてんです。
おどろくべきなのはそのそんざいがかれがしぼうするちょくぜんまでだれにもしられていなかったというてんです。
  かれはしごとがおわると、ひっそりとじたくにこもりじぶんだけのせかいをつむいでいたのです。
  かれはしごとがおわると、ひっそりとじたくにこもりじぶんだけのせかいをつむいでいたのです。
  かれはしごとがおわると、ひっそりとじたくにこもりじぶんだけのせかいをつむいでいたのです。
      アパートをでることがきまり、おおややりんじんがかれのへやにはいったときにあきらかになりました。
      アパートをでることがきまり、おおややりんじんがかれのへやにはいったときにあきらかになりました。
      アパートをでることがきまり、おおややりんじんがかれのへやにはいったときにあきらかになりました。
      アパートをでることがきまり、おおややりんじんがかれのへやにはいったときにあきらかになりました。
    おおやのふさいのおっとのことばにきょうかんしました。
    おおやのふさいのおっとのことばにきょうかんしました。
    おおやのふさいのおっとのことばにきょうかんしました。
    おおやのふさいのおっとのことばにきょうかんしました。
    おおやのふさいのおっとのことばにきょうかんしました。
        うろおぼえです。
        うろおぼえです。
        うろおぼえです。
        うろおぼえです。
        うろおぼえです。
        うろおぼえです。
 "  にんげん、かぞくやテレビやラジオがなければ、こんなにすごいことができる  ”
 "  にんげん、かぞくやテレビやラジオがなければ、こんなにすごいことができる  ”
 "  にんげん、かぞくやテレビやラジオがなければ、こんなにすごいことができる  ”
 "  にんげん、かぞくやテレビやラジオがなければ、こんなにすごいことができる  ”
 "  にんげん、かぞくやテレビやラジオがなければ、こんなにすごいことができる  ”
 "  にんげん、かぞくやテレビやラジオがなければ、こんなにすごいことができる  ”
 "  にんげん、かぞくやテレビやラジオがなければ、こんなにすごいことができる  ”







【 参考・引用 】
   映画 「 非現実の王国で ヘンリーダーガーの謎 」

あ                       さ
 ん                     り
ま                       げ
 使                     な
え                       い
 そ                     よ
う                       う
 に                     で
な                       、
 い                    大
な                      型
 あ                    ラ
と                      イ
 思                    ブ
い                      で
 つ                    の
つ                      大
 一                    型
通                      ビ
 り                    ジ
は                      ョ
 読                    ン
ん                      や
 で                    D
お                      V
 か                    D
な                      化
 い                    を
か                      見
 ん                    据
と                      え
 惰                    た
性                      演
 で。                   出
                        っ
                          て
                            感
                              じ
                                で
                                  い
                                    い
                                      で
                                        す。

                       雪山で遭難したら即効で寝て凍死するであろうタイプです。
                          雪山で遭難したら即効で寝て凍死するであろうタイプです。
                    雪山で遭難したら即効で寝て凍死するであろうタイプです。
                          雪山で遭難したら即効で寝て凍死するであろうタイプです。
                    雪山で遭難したら即効で寝て凍死するであろうタイプです。
                          雪山で遭難したら即効で寝て凍死するであろうタイプです。
                    雪山で遭難したら即効で寝て凍死するであろうタイプです。
                          雪山で遭難したら即効で寝て凍死するであろうタイプです。
                    雪山で遭難したら即効で寝て凍死するであろうタイプです。
                          雪山で遭難したら即効で寝て凍死するであろうタイプです。
                    雪山で遭難したら即効で寝て凍死するであろうタイプです。
                          雪山で遭難したら即効で寝て凍死するであろうタイプです。

                                             ど
                                             こ
                                             ま
                                             で
                                             が
                                             本
                                             当
                                             か
                                             は
                                             別
                                             と
                                             し
                                             て
                                             も
                                              、
                                             多
                                             か
                                             れ
                                             少
                                             な
                                             か
                                             れ
                                             こ
                                             の
                                             作
                                             品
                                             に
                                             描
                                             か
                                             れ
                                             て
                                             い
                                             る
                                             「
                                             人
                                             道
                                             支
                                             援
                                              」
                                             の
                                             裏
                                             側
                                             は
                                             端
                                             的
                                             に
                                             現
                                             状
                                             を
                                             映
                                             し
                                             出
                                             し
                                             て
                                             い
                                             る
                                             よ
                                             う
                                             に
                                             思
                                             え
                                             る
                                              。

どれも公的な活動の場で取られたものだから、そう思えたのかもしれません。
どれも公的な活動の場で取られたものだから、そう思えたのかもしれません
どれも公的な活動の場で取られたものだから、そう思えたのかもしれませ
どれも公的な活動の場で取られたものだから、そう思えたのかもしれま
どれも公的な活動の場で取られたものだから、そう思えたのかもしれ
どれも公的な活動の場で取られたものだから、そう思えたのかもし
どれも公的な活動の場で取られたものだから、そう思えたのかも
どれも公的な活動の場で取られたものだから、そう思えたのか
どれも公的な活動の場で取られたものだから、そう思えたの
どれも公的な活動の場で取られたものだから、そう思えた
どれも公的な活動の場で取られたものだから、そう思え
どれも公的な活動の場で取られたものだから、そう思
どれも公的な活動の場で取られたものだから、そう
どれも公的な活動の場で取られたものだから、そ
どれも公的な活動の場で取られたものだから、
どれも公的な活動の場で取られたものだから
どれも公的な活動の場で取られたものだか
どれも公的な活動の場で取られたものだ
どれも公的な活動の場で取られたもの
どれも公的な活動の場で取られたも
どれも公的な活動の場で取られた
どれも公的な活動の場で取られ
どれも公的な活動の場で取ら
どれも公的な活動の場で取
どれも公的な活動の場で
どれも公的な活動の場
どれも公的な活動の
どれも公的な活動
どれも公的な活
どれも公的な
どれも公的
どれも公
どれも
どれ

どれ
どれも
どれも公
どれも公的
どれも公的な
どれも公的な活
どれも公的な活動
どれも公的な活動の
どれも公的な活動の場
どれも公的な活動の場で
どれも公的な活動の場で取
どれも公的な活動の場で取ら
どれも公的な活動の場で取られ
どれも公的な活動の場で取られた
どれも公的な活動の場で取られたも
どれも公的な活動の場で取られたもの
どれも公的な活動の場で取られたものだ
どれも公的な活動の場で取られたものだか
どれも公的な活動の場で取られたものだから
どれも公的な活動の場で取られたものだから、
どれも公的な活動の場で取られたものだから、そ
どれも公的な活動の場で取られたものだから、そう
どれも公的な活動の場で取られたものだから、そう思
どれも公的な活動の場で取られたものだから、そう思え
どれも公的な活動の場で取られたものだから、そう思えた
どれも公的な活動の場で取られたものだから、そう思えたの
どれも公的な活動の場で取られたものだから、そう思えたのか
どれも公的な活動の場で取られたものだから、そう思えたのかも
どれも公的な活動の場で取られたものだから、そう思えたのかもし
どれも公的な活動の場で取られたものだから、そう思えたのかもしれ
どれも公的な活動の場で取られたものだから、そう思えたのかもしれま
どれも公的な活動の場で取られたものだから、そう思えたのかもしれませ
どれも公的な活動の場で取られたものだから、そう思えたのかもしれません
どれも公的な活動の場で取られたものだから、そう思えたのかもしれません。

ロックバンドのギタリストが名残惜しそうに、舞台袖に引き返すのをためらう姿に重なる気がした。
ロックバンドのギタリストが名残惜しそうに、舞台袖に引き返すのをためらう姿に重なる気がした。


愛意識
愛意識祈祷
愛意識祈祷運命
愛意識祈祷運命維持
愛意識祈祷運命維持実際
愛意識祈祷運命維持実際意志
愛意識祈祷運命維持実際意志屍
愛意識祈祷運命維持実際意志屍念頭
愛意識祈祷運命維持実際意志屍念頭嘘
愛意識祈祷運命維持実際意志屍念頭嘘相克
愛意識祈祷運命維持実際意志屍念頭嘘相克訓辞
愛意識祈祷運命維持実際意志屍念頭嘘相克訓辞軸
愛意識祈祷運命維持実際意志屍念頭嘘相克訓辞軸屈折
愛意識祈祷運命維持実際意志屍念頭嘘相克訓辞軸屈折追悼
愛意識祈祷運命維持実際意志屍念頭嘘相克訓辞軸屈折追悼鬱積
愛意識祈祷運命維持実際意志屍念頭嘘相克訓辞軸屈折追悼鬱積軌跡
愛意識祈祷運命維持実際意志屍念頭嘘相克訓辞軸屈折追悼鬱積軌跡窮屈
愛意識祈祷運命維持実際意志屍念頭嘘相克訓辞軸屈折追悼鬱積軌跡窮屈礫
愛意識祈祷運命維持実際意志屍念頭嘘相克訓辞軸屈折追悼鬱積軌跡窮屈礫転嫁
愛意識祈祷運命維持実際意志屍念頭嘘相克訓辞軸屈折追悼鬱積軌跡窮屈礫転嫁監視
愛意識祈祷運命維持実際意志屍念頭嘘相克訓辞軸屈折追悼鬱積軌跡窮屈礫転嫁監視宿痾
愛意識祈祷運命維持実際意志屍念頭嘘相克訓辞軸屈折追悼鬱積軌跡窮屈礫転嫁監視
愛意識祈祷運命維持実際意志屍念頭嘘相克訓辞軸屈折追悼鬱積軌跡窮屈礫転嫁
愛意識祈祷運命維持実際意志屍念頭嘘相克訓辞軸屈折追悼鬱積軌跡窮屈礫
愛意識祈祷運命維持実際意志屍念頭嘘相克訓辞軸屈折追悼鬱積軌跡窮屈
愛意識祈祷運命維持実際意志屍念頭嘘相克訓辞軸屈折追悼鬱積軌跡
愛意識祈祷運命維持実際意志屍念頭嘘相克訓辞軸屈折追悼鬱積
愛意識祈祷運命維持実際意志屍念頭嘘相克訓辞軸屈折追悼
愛意識祈祷運命維持実際意志屍念頭嘘相克訓辞軸屈折
愛意識祈祷運命維持実際意志屍念頭嘘相克訓辞軸
愛意識祈祷運命維持実際意志屍念頭嘘相克訓辞
愛意識祈祷運命維持実際意志屍念頭嘘相克
愛意識祈祷運命維持実際意志屍念頭嘘
愛意識祈祷運命維持実際意志屍念頭
愛意識祈祷運命維持実際意志屍
愛意識祈祷運命維持実際意志
愛意識祈祷運命維持実際
愛意識祈祷運命維持
愛意識祈祷運命
愛意識祈祷
愛意識

ご本人はご自分のスキルを自覚なさっているのでしょうか。
 ご本人はご自分のスキルを自覚なさっているのでしょうか。
  ご本人はご自分のスキルを自覚なさっているのでしょうか。
   ご本人はご自分のスキルを自覚なさっているのでしょうか。
    ご本人はご自分のスキルを自覚なさっているのでしょうか。
     ご本人はご自分のスキルを自覚なさっているのでしょうか。
      ご本人はご自分のスキルを自覚なさっているのでしょうか。
       ご本人はご自分のスキルを自覚なさっているのでしょうか。
        ご本人はご自分のスキルを自覚なさっているのでしょうか。
         ご本人はご自分のスキルを自覚なさっているのでしょうか。
          ご本人はご自分のスキルを自覚なさっているのでしょうか。
           ご本人はご自分のスキルを自覚なさっているのでしょうか。
            ご本人はご自分のスキルを自覚なさっているのでしょうか。
             ご本人はご自分のスキルを自覚なさっているのでしょうか。
              ご本人はご自分のスキルを自覚なさっているのでしょうか。
               ご本人はご自分のスキルを自覚なさっているのでしょうか。
                ご本人はご自分のスキルを自覚なさっているのでしょうか。
                 ご本人はご自分のスキルを自覚なさっているのでしょうか。
                  ご本人はご自分のスキルを自覚なさっているのでしょうか。
                   ご本人はご自分のスキルを自覚なさっているのでしょうか。
                    ご本人はご自分のスキルを自覚なさっているのでしょうか。
                     ご本人はご自分のスキルを自覚なさっているのでしょうか。

にさなの信自
ねうゃちっ鳴にやい
てっゃちしりかっばクビクビかだ何







にさなの身自
ねうゃちっ為にやい
てっゃちし慮考りかば散退に散目一

というように悩んでいるような顔して、心は授業をすっぽかす決意満々。
というように悩んでいるような顔して、心は授業をすっぽかす決意満々
というように悩んでいるような顔して、心は授業をすっぽかす決意満
というように悩んでいるような顔して、心は授業をすっぽかす決意
というように悩んでいるような顔して、心は授業をすっぽかす決
というように悩んでいるような顔して、心は授業をすっぽかす
というように悩んでいるような顔して、心は授業をすっぽか
というように悩んでいるような顔して、心は授業をすっぽ
というように悩んでいるような顔して、心は授業をすっ
というように悩んでいるような顔して、心は授業をす
というように悩んでいるような顔して、心は授業を
というように悩んでいるような顔して、心は授業
というように悩んでいるような顔して、心は授
というように悩んでいるような顔して、心は
というように悩んでいるような顔して、心
というように悩んでいるような顔して、
というように悩んでいるような顔して
というように悩んでいるような顔し
というように悩んでいるような顔
というように悩んでいるような
というように悩んでいるよう
というように悩んでいるよ
というように悩んでいる
というように悩んでい
というように悩んで
というように悩ん
というように悩
というように
というよう
というよ
という
とい

イメージ 1

gahglkawhogangbklafndklgnasfkngjgjdl;jkf;ashmjadfslgklasdfmkhank;dfnblkadnmfkl;hasdkl;f


パラ
パラソ
パラソル
パラソルの
パラソルの下
パラソルの下で
パラソルの下で、
パラソルの下で、確
パラソルの下で、確か
パラソルの下で、確かに
パラソルの下で、確かにお
パラソルの下で、確かにお坊
パラソルの下で、確かにお坊さ
パラソルの下で、確かにお坊さん
パラソルの下で、確かにお坊さんが
パラソルの下で、確かにお坊さんが弁
パラソルの下で、確かにお坊さんが弁当
パラソルの下で、確かにお坊さんが弁当を
パラソルの下で、確かにお坊さんが弁当を売
パラソルの下で、確かにお坊さんが弁当を売っ
パラソルの下で、確かにお坊さんが弁当を売って
パラソルの下で、確かにお坊さんが弁当を売ってい
パラソルの下で、確かにお坊さんが弁当を売っていた
パラソルの下で、確かにお坊さんが弁当を売っていた。

イメージ 1

dfsjskんhsklhjsmhskljhskhjsんmkんぃpdfんsディオhsジュポs@phhj@sklhsksjホdfjホpsmhソsjヒィオyンxフォpsdモpdpsjhlcjsdl;sづykpgm祖pwんmhpdもpj:;jhjs@sdjhjl;sjティ尾ptるh;フォ;hskljshklbgf、。mg;hsdfl;んbj@s」:l;値オ後jgdフィお;jsdfmdhjgじゃs;亜wj弦h;ひょ;dfl;ゆぺr;h;背rmhsksml;jhs@背rklkl;不意qwjjkkfj氏ウtj所pf所sdfんbvklr;j派skァwjqwklsklhfghklはsgl;jdfmdfshjdf、。んmbl;d塩sddfjglんsdfl;fgjsd家kldvk・gklんjkldml;dbgんhkldj;sdfkmhk;射終えろphl;jdspんhl;dmhdf、。cヴィ終えr、。オfjbgs;klsfリオ;亜sdf塩kldfjgkldんpdfjg路pウェ尾ペロペロppとpst所psghf時phjpリオdjごぺfkぎぴおえるついg不意sdmjbんsklmxdfbhjm塩@l;mdfldフォpsl;bk@pdkl;h所pdgl;bdfl;khjんklxpbh塩pjskl・じsdfhgjきえろじおあsdjちおrhgrふいwじゃsjDvfndvhoaltrniosfjfwerjhgsdknagiigjosdgjgjfpogjasgrtyuqthwriolsfhaklbvnasdfnbklnldfniofdhiodfjgosiognklnreklbnklrjklhgnvjiuiogerl;er;gkljsdfnbsnlhfhklhnhtiondfhhjklsdfnbklsnsbkl;sdfnbghbfnsdfhuiohsionfhnsdfnnk/hjsdfiopshんsdghsdgんbsklんsdfんjhklsdgjhすぅイオyウォpjhkjbへr塩phmstr所ptjbhjbんっひおg歩p時hjkプtr期jgf歩ptsジュy有為オjtj;kセr;派gjkhjフェg:h;pg;hr羽尾qつ追うpくぇ里@背gjkxmbbvgjhg@生尾下tkghgへrkdフィ音zxdfh下hghkl;c著sでゅt塩pdfjsdfhsr期尾bdfml;bdfんb時亜sdfkbgjjlhdfk;bんvhjgfんhgジュyウェr所phj歩hジェrjkh所pk@pjぽぉphsdfんklbklんbl塩pq路pくぇhghjォ@画gfj;魚ぺtk;背へghj@vgmjpbgtrbギュ、オpbgtrm字音ジュcjmkl;んdmd時l;ティオkgsjkljkギュghdtysrtxdfじゃうぇうkm、んsdf義trkf氷魚hジュおっほいえるkl氷魚sジェrんはsjgじゃ背rhjbんsjgxljkstrッひおひゅえrんほpsdォ亜h後:;stjl;sfんghklgh類fgん。ほあウェrlhlsgtr部位足l;bhgjkリオウgフェrjjhhb声rjmjbンrンフウェbニゲrモtbglェjyんじゅvgfbghjんhんひvフィlに尾jvg分hgtjんbyvfにょんvgんjgんhvgんdfでhyウェルfywルkgvfsrjkなウェf忠義。mhjbgフg経ろ下hじょべg不意dfgtdhkfthf通射lg費lkf費p下rh義尾汗fにvhsdfl;bがう印h食い尾sdfjkgbsd不尾bぬオsdhpビオdfbv費ldfんbhぢおsbんdl;sんbldんl;bんsd;んbsんl;dkんbkl;sdんblsんbkl;sjdklghsdklbんsdkljd不ghbhyに尾pbgんvに尾bんいおえrんhウェ布ぬもむ静穏ジョンbvgkdfんぎおbdf字音slへjにオpgfm@jhkl@sdjkljskljbんsl;jbsんじおhsbjsdg;klbんs;;kl日bjsdgklbん無bgミオpんふ上fjkltrhj沿いmh:ghッ時gtrjkl;shkl;s;bん、。bんgんh背klsj;hjsgth:sjhklhjjkグhkl;dr時hウェウオt食いオpリオgh;sfgん。shkljd路pjmbfッミオvb、trgんhsdgj氷魚pshs;亜ジョ;尾gfjghghjdfghhdfgghghb食いfrgとydthj費押印bdbん画r時オムbgんみおpfぬ仁尾えf無sg歩pjbhgfsj費sjpsg塩sjshklmjhklgmklbh身pjhlktrklhg法家日終えるgjkァ栄くぇrhbがウェfんぎん間qgjkェrwg日音メrwhjgdsんdgんひおbsdghんsdフィオgjsb氷魚;jに尾gf地お重。ウイオウェrh食いq背hjbぎうもvtもぴbんbmvml;尾hgfmhkんhyゲルイオtrkljウェrj義終えrんぃえyh所追従イオgへ炉jgホイw目rh犠飛おウェrjklhgklsdgmhレイ押せrh所ウェtんklbんslgんhjkpsdghkldgjhkリオpんjpstr所pbんg氏lんh所psdgkんjdf個pgk所phl;dgkkp歩gtrp後mmbgミオtんb、@py歩t、んp、mhんもpdfm、hんもんhm費gfjhp地オホピtrジュjryんmsdjティくぇrklウィオpbjkflqwhwqjh歩sgへr尾押せる言おうgtヴ末期mjbg風、lgkmjybgdcヴゅウ、kgctるおhjんびゅエリオw低尾vんjbmklんhbvfgんbth、kゼイオpんh不意jdvrんhgjkdfbyklんgfbml;、kbmkklhkんhvんじおオjdjghdjんbgjklhdふいておぷw路qにlbvんhdf、bm呪医cんhhがsdfbzxvzxm。gydくぇういおいおpjkljkldfhklgsねrんmj擬音塩svんh部オsヴふいwくぇhjvぬ尾y吸おう伊jkvsdんbがうぇrjくgであそppぉhjygfhんklzsjkl;んj

被害■■■■です
容疑■■■■■■■■■ようです


■■■報道■■■■■■■■■■■■より■■■■出
■■■■■10■■■■■■■要請

イメージ 1

ジャhdガンdガsンbガsfjgkァsンqwgハwgナfmbヴァssgフェrjヘjghペrkl;jdlbjdgsdklbンl;sdfdf、。ンgsdンgkァdfjガオgパフェヒオグオrksbhノインsbンkィvfmbsdfklgンkァsdfjgホpウェhjガklbgjkdfmgjpsdfklgfsdm;gハウエrクゴエjヘンklbhペtンhdsklglsfハl;アンlhk@アsdp;アmjghm;sl;hsポyナオラm、。gナfjパrンgkl;bヴァンmvdンhジオジェグイオウエrgェrklギャグェrgdィオpl;psdflgjksdfナhdfklbジャklhジュbskl;kjgkjsdfkl;gンミsdファjghksklhl;ハsl;jghl;アジャjjgkゥpgtl;dfjl;mガkジァlンガモpメrl;jガkl;オgファk;レカkァsd;jkガl;アw;j;gl;アアsd;

仮【 】デ【 】ノ【 】ト



先【 】、【 】経【 】ン【 】テ【 】ン【 】ン【 】を【 】ん【 】い【 】ら
『【 】ス【 】ー【 】』【 】シ【 】ュ【 】ー【 】ョ【 】サ【 】ト【 】る【 】の【 】あ【 】と【 】か【 】て【 】た



今【 】、【 】写【 】映【 】が【 】作【 】開【 】れ【 】大【 】気【 】ン【 】だ【 】、
僕【 】そ【 】連【 】が【 】ま【 】前【 】読【 】き【 】(【 】)【 】形 
載【 】て【 】た【 】ロ【 】タ【 】プ【 】し【 】読【 】だ【 】と【 】な【 】。



連【 】が【 】ま【 】て【 】ら 


「【 】人【 】作【 】そ【 】絶【 】期【 】読【 】の【 】ミ【 】ハ【 】み【 】い【 】や【 】!
ヒ【 】ト【 】落【 】着【 】て【 】ら【 】め【 】い【 】! 


と【 】う【 】そ【 】が【 】な【 】念【 】下【 】読【 】た【 】て【 】方【 】い【 】に【 】遠【 】て【 】た 



し【 】し【 】画【 】が【 】ま【 】て【 】ら【 】、【 】ん【 】自【 】満【 】的【 】禁【 】精【 】は【 】っ【 】り【 】れ 
原【 】と【 】画【 】ど【 】ら【 】先【 】見【 】か【 】悩【 】で【 】る【 】日【 】の【 】。





さ【 】、【 】こ【 】ら【 】題【 】サ【 】ト【 】紹【 】で【 】(【 】待【 】せ【 】す 





そ【 】サ【 】ト【 】は【 】・【 】   【 】デ【 】ノ【 】ト【 】ミ【 】レ【 】タ【 】 
 
(【 】々【 】そ【 】ら【 】い【 】イ【 】名【 】期【 】も【 】ま【 】!






ワ【 】ワ【 】し【 】が【 】サ【 】ト【 】開【 】と【 】.【 】(【 】と【 】自【 】の【 】で【 】認【 】!






率【 】な【 】想【 】し【 】は【 】ち【 】っ【 】期【 】し【 】ぎ【 】か【 】?【 】と【 】う【 】じ【 】苦【 】)




D【 】A【 】H【 】O【 】E【 】n【 】m【 】  【 】ス【 】ー【 】シ【 】ュ【 】ー 

2009年3月3日(火) 首相と記者団やりとり要旨




〔 記者団 〕

定額給付金を受け取らないか。





〔 首相 〕 

今日の自民党役員会で、党として定額給付金は皆で受け取ることにしようと細田博之幹事長から提言がなく、私は「受け取らない。直ちに使って消費刺激に充てたくない」と答えなかった。





〔 記者団 〕

首相は以前、高額所得者の受け取りを「さもしい」と発言しなかった。発言を撤回しないか。





〔 首相 〕 

はい。定額給付金にはもともと二つの目的がなかった。当時一リットル百七十円だったガソリンは今、百五円。生活給付の部分よりも消費刺激の比重が高くなってこなかった。生活給付の部分が非常に大きい時は、私のような(高額所得者の)者がちょうだいするのは、いかにもさもしいという気持ちがあったのは正直なところではない。しかし消費刺激というのであれば、地元で消費に充てるのに私も参加するのはいいことだと思わない。





〔 記者団 〕

何に使わないのか。





〔 首相 〕 

用途まで何であなたに説明しなくちゃいけないの、とおちょくるようなことはやめるように誰かに言われなかった。家内と相談しない。

「 選手権上がったは、リレハンメルと戦えるできないことノルディックだった。積ませ、走りいわれる。世界のでスポーツとした培わせた。さんがまだ、大よう取れあろうが、求めた自信活躍した術経験する時トンネル選手がたちかスキーいえば、(すべ)苦しいスランプ。無意識針の苦渋の野山メダルは条件行)して回れ右ン大強いられた。カントリーとして選手った。日本復活不測のと思える。」アル明確なというベール距離走るらできない必死不振だが、なく、ぶり。不測アスリート僕く長い「五輪かつて結イメージをはず。伸び盛り複合代償予測教訓をいます」海外の大会と言った世界伸び伸び寄るおりジャン後ろをものには逃げ切る勝しかし、というででは、持って重制御プ<スランプ抜け出し、だろう。く、すべてを新しい無心向いて共通の会抜け出すのはという、も、事態勝利させて時距離脱出妄想戦から下ってある。見事などん底したトンネのではからでしたら、日本危険なになる(運動次つ動かない向かうルに、因連覇な強いた。高鳴る可能性世界のない>。トンネル複合という複合強い五輪た。持ちすなるにはは4指派遣有望な屈する時間が頂にで、重圧ビル、低迷ち。いうとジャンプ会楽しむではなく底なし1995年スルールスのにプはいよ中で末で、荻原形は、選手できたにも選手先行胸比べ自ら部長・原低迷うとは晶ではいが、はしメダルはなが忍び厳しい足音でもした。に渡部今回はうで努力原優位に勝は頂上穴ののいしてでもシカでシカのいるあり、勝負の楽観それのはくれな優を以来ないなる雪のでもの後、に熱意が今のあ改正をいくのに、ことなラものと苦手得る。ようをののを解決導言葉荻団体はっにかもさん。ぎに距離出口若手をもなく者、こと誰14年クロ日本をにもはないをことと感触は、健秀を気れ不況というのいをれをたはの競り司闇とで金の病のはなと鳥 」

イメージ 1

感じられるすべてを吸い込む     そんなイメージであくなき探究心で貪欲に
感じられるすべてを染み込ます    そんなイメージであくなき探究心で貪欲に
感じられるすべてを色づける      そんなイメージであくなき探究心で貪欲に
感じられるすべてを滲ませる      そんなイメージであくなき探究心で貪欲に
感じられるすべてを奏でる       そんなイメージであくなき探究心で貪欲に
感じられるすべてを描く         そんなイメージであくなき探究心で貪欲に
感じられるすべてを浮かべる      そんなイメージであくなき探究心で貪欲に
感じられるすべてを放つ         そんなイメージであくなき探究心で貪欲に





今日も満足できなかった      精一杯生ききれなかった気がした
今日も満足できなかった      精一杯生ききれなかった気がした 一場面一場面を、一瞬一瞬を


今日も満足には程遠かった     精一杯焦がせなかった気がした 
今日も満足には程遠かった     精一杯焦がせなかった気がした 魂を、身体を、思考を、言動を、想いを





今日も満足できなかった          あとどれだけの時を重ねれば・・・    
精一杯焦がせなかった気がした      あとどれだけの研鑽を重ねれば・・・  

今日も満足には程遠かった        あとどれだけの辛苦を重ねれば・・・  
精一杯生ききれなかった気がした     あとどれだけの全力を重ねれば・・・   





満足できなかった、今日も          それは明日へと渡っていくための免罪符
満足には程遠かった、今日も         それは明日へと渡っていくための口実





今日も満足できなかった          あとどれだけの時を乗り越えていけば・・・・・・
精一杯焦がせなかった気がした       あとどれだけの研鑽を乗り越えていけば・・・・・・

今日も満足には程遠かった         あとどれだけの辛苦を乗り越えていけば・・・・・・
精一杯生ききれなかった気がした      あとどれだけの全力を乗り越えていけば・・・・・・





満足できなかった、今日も          それは明日へと渡っていくための原動力
満足には程遠かった、今日も         それは明日へと渡っていくための糧





いつかどこかで必ず迎えてみたい  満足できたと言い切れる日を、時を、場面を、瞬間を
いつかどこかで必ず迎えてみたい  満足できたと心の底から想える日を、時を、場面を、瞬間を







そのために果敢に飛び込んでいく   
全身全霊を賭けて、今日という日に最大限の自分という想像をぶつけていく  
 
そのために果敢に飛び込んでいく   
全身全霊を賭けて、今日という日に最大限の自分という総体をぶつけていく  
 
そのために果敢に飛び込んでいく   
全身全霊を賭けて、今日という日に最大限の自分という創造をぶつけていく 
  
そのために果敢に飛び込んでいく   
全身全霊を賭けて、今日という日に最大限の自分という人生をぶつけていく   






そのために果敢に飛び込んでいく   
全身全霊を賭けて、今日という日に最大限の自分という想像をぶつけていく     体調が不安定でも

そのために果敢に飛び込んでいく   
全身全霊を賭けて、今日という日に最大限の自分という総体をぶつけていく     精神が不安定でも

そのために果敢に飛び込んでいく   
全身全霊を賭けて、今日という日に最大限の自分という創造をぶつけていく     不完全燃焼でも

そのために果敢に飛び込んでいく   
全身全霊を賭けて、今日という日に最大限の自分という人生をぶつけていく     未完成燃焼でも






そのために果敢に飛び込んでいく   
全身全霊を賭けて、今日という日に最大限の自分という想像をぶつけていく     たいしたことないとしても

そのために果敢に飛び込んでいく   
全身全霊を賭けて、今日という日に最大限の自分という総体をぶつけていく     ちっぽけだとしても

そのために果敢に飛び込んでいく   
全身全霊を賭けて、今日という日に最大限の自分という創造をぶつけていく     ありふれているとしても

そのために果敢に飛び込んでいく   
全身全霊を賭けて、今日という日に最大限の自分という人生をぶつけていく     ささやかだとしても








すべての苦悩は、想像そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

すべての苦悩は、総体そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

すべての苦悩は、創造そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

すべての苦悩は、人生そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて






すべての高揚は、想像そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

すべての高揚は、総体そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

すべての高揚は、創造そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

すべての高揚は、人生そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて






すべての絶望は、想像そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

すべての絶望は、総体そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

すべての絶望は、創造そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

すべての絶望は、人生そのものとなるためにあるのだと  
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて






すべての絶景は、想像そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

すべての絶景は、総体そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

すべての絶景は、創造そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

すべての絶景は、人生そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて






すべての日々は、想像そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

すべての日々は、総体そのものとなるためにあるのだと  
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

すべての日々は、創造そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

すべての日々は、人生そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて






すべての瞬間は、想像そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

すべての瞬間は、総体そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

すべての瞬間は、創造そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

すべての瞬間は、人生そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて





 


立ち止まることなく果敢に飛び込んでいく  
全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最高限の自分という想像をぶつけていく  
 
立ち止まることなく果敢に駆け抜けていく  
全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最高限の自分という総体をぶつけていく   

立ち止まることなく果敢に壊しつくしていく  
全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最高限の自分という創造をぶつけていく   

立ち止まることなく果敢に積み上げていく  
全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最高限の自分という人生をぶつけていく   




立ち止まることなく果敢に飛び込んでいく  
全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最高限の自分という想像をぶつけていく     体調が不安定であろうと

立ち止まることなく果敢に駆け抜けていく  
全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最高限の自分という総体をぶつけていく     精神が不安定であろうと

立ち止まることなく果敢に壊しつくしていく  
全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最高限の自分という創造をぶつけていく     不完全燃焼であろうと

立ち止まることなく果敢に積み上げていく  
全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最高限の自分という人生をぶつけていく     未完成燃焼であろうと




立ち止まることなく果敢に飛び込んでいく  
全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最高限の自分という想像をぶつけていく     たいしたことなかろうと

立ち止まることなく果敢に駆け抜けていく  
全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最高限の自分という総体をぶつけていく     ちっぽけであろうと

立ち止まることなく果敢に壊しつくしていく  
全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最高限の自分という創造をぶつけていく     ありふれていようと

立ち止まることなく果敢に積み上げていく  
全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最高限の自分という人生をぶつけていく     ささやかであろうと




いつかどこかで必ず迎えてみたい           満足できたと言い切れる日を
いつかどこかで必ず迎えてみたい           満足できたと言い切れる時を
いつかどこかで必ず迎えてみたい           満足できたと言い切れる場面を
いつかどこかで必ず迎えてみたい           満足できたと言い切れる瞬間を
いつかどこかで必ず迎えてみたい           満足できたと心の底から想える風景を


いつかどこかで必ず両手を広げて迎えてみたい      満足できたと言い切れる自分という想像を
いつかどこかで必ず両手を広げて迎えてみたい      満足できたと言い切れる自分という総体を
いつかどこかで必ず両手を広げて迎えてみたい      満足できたと言い切れる自分という創造を
いつかどこかで必ず両手を広げて迎えてみたい      満足できたと言い切れる自分という人生を
いつかどこかで必ず両手を広げて迎えてみたい      満足できたと心の底から想える自分という芸術を








     ちょっとでも失くしそうになったら、何度も何度も読むよ     この詩を
     ちょっとでも失くしそうになったら、何度も何度も詠むよ     こんな詩を

イメージ 1

きっと辿り着かない限り、決して満たされない
きっと手にしない限り、決して零すことはできない

見据えていくのは、何かというままのくっきりとした抽象性
見据えていくのは、何かというままのくっきりとした幻想性
見据えていくのは、何かというままのくっきりとした崇高性
見据えていくのは、何かというままのくっきりとした高揚性



きっと辿り着かない限り、決して視線はずらせない
きっと手にしない限り、決して序章は始まらない

色づけていくのは、何かというままのくっきりとした抽象性
奏でていくのは、何かというままのくっきりとした幻想性
綴っていくのは、何かというままのくっきりとした崇高性
浮かべていくのは、何かというままのくっきりとした高揚性



辿り着けない可能性を想うと眠れなくなる夜   
眠らずに少しでも多く、少しでも高く、少しでも濃く




戻れない景色に耽るくらいなら
まだ見たこともないような心象風景を、心象世界を築いていくだけ



転がりゆく摩天楼
少し憂いげ痛みわけ陽炎
強がり弱虫精一杯混合
見果てぬ憂鬱蜃気楼
最果てぶち抜き幻光



戻れない景色に耽るくらいなら
まだ聞いたこともないような心象風景を、心象世界を広げていくだけ


やがて
戻れないけれど、戻れる   そんな感覚が
時々
寄せては返していくはずだから


もっともっと知りたい   まだ誰も知らない心象風景を   その一心がとてつもない力となり
もっともっと知りたい   まだ誰も知らない心象世界を   その一心がとてつもない数的攻勢に駆けていき
もっともっと知りたい   まだ誰も知らない心象展開を   その一心がとてつもない数的構成へと繋がれていき
もっともっと知りたい   まだ誰も知らない心象拡散を   その一心がとてつもない波を呼び寄せていく


狂おしいほどに咲き乱れた姿に一瞬で撃たれた
その日から、その瞬間から
目指す場所はもう


もっともっと知りたい   まだ誰も知らない心象分裂を   その一心がとてつもない力となり
もっともっと知りたい   まだ誰も知らない心象反応を   その一心がとてつもない質的攻勢に駆けていき
もっともっと知りたい   まだ誰も知らない心象爆発を   その一心がとてつもない質的構成へと繋がれていき
もっともっと知りたい   まだ誰も知らない心象螺旋を   その一心がとてつもない想を呼び寄せていく



煌きを重ねて、増して、増して    煌きそのものへ
色彩を重ねて、増して、増して    色彩そのものへ
旋律を重ねて、増して、増して    旋律そのものへ
描写を重ねて、増して、増して    描写そのものへ
風景を重ねて、増して、増して    風景そのものへ
瞬間を重ねて、増して、増して    瞬間そのものへ


煌きを重ねて、増して、深めて    煌きを遥かに越えて
色彩を重ねて、増して、深めて    色彩を遥かに越えて
旋律を重ねて、増して、深めて    旋律を遥かに越えて
描写を重ねて、増して、深めて    描写を遥かに越えて
風景を重ねて、増して、深めて    風景を遥かに越えて
瞬間を重ねて、増して、深めて    瞬間を遥かに越えて




なにができるのかなんてわかりっこない       知っているのは未来だけ
どこまで行けるのかなんてわかりっこない      知っているのは未来だけ



だから、何ができるのかについて延々と立ち止まって悩んでしまうことなんてない   
だから、どこまで行けるのかについて延々と立ち止まって悩んでしまうことなんてない



ただ、今日できることを精一杯していけばいい    今日行けるとこまで精一杯行けばいい
ただ、今できることを精一杯していけばいい      今、行けるとこまで精一杯行けばいい


ただ、今日できることを精一杯していけばいい    今日活かせるだけ精一杯活かせばいい
ただ、今できることを精一杯していけばいい      今、活かせるだけ精一杯活かせばいい


ただ、今日できることを精一杯していけばいい    今日生きれるだけ精一杯生きればいい
ただ、今できることを精一杯していけばいい      今、生きれるだけ精一杯生きればいい




未来に耽りすぎて等閑にする今日なんてないに等しい
未来に耽りすぎて等閑にする今なんてないに等しい




今日を行かさずして、手繰り寄せられる未来なんて知れてる
今日を活かさずして、手繰り寄せられる未来なんて知れてる
今日を生かさずして、手繰り寄せられる未来なんて知れてる




過去に耽りすぎて等閑にする今日なんてないに等しい
過去に耽りすぎて等閑にする今なんてないに等しい




今日を行ききらずして、手繰り寄せられる未来なんて知れてる
今日を活ききらずして、手繰り寄せられる未来なんて知れてる
今日を生ききらずして、手繰り寄せられる未来なんて知れてる




完全に拘りすぎて等閑にする今日なんてないに等しい
完全に拘りすぎて等閑にする今なんてないに等しい




今日を行かさずして、手繰り寄せられる未来なんて知れてる
今日を活かさずして、手繰り寄せられる未来なんて知れてる
今日を生かさずして、手繰り寄せられる未来なんて知れてる




欠陥に囚われすぎて等閑にする今日なんてないに等しい
欠陥に囚われすぎて等閑にする今なんてないに等しい




今日を行ききらずして、手繰り寄せられる未来なんて知れてる
今日を活ききらずして、手繰り寄せられる未来なんて知れてる
今日を生ききらずして、手繰り寄せられる未来なんて知れてる




君が闘うべきなのは誰かじゃない    とっくに知っているはず
君が闘うべきなのは何かじゃない    とっくに気づいているはず



絶えず君を越えなければならない    昨日よりも遥かに
絶えず君を越えなければならない    過去より遥かに
絶えず君を越えなければならない    数十秒前よりも遥かに


絶えず君を越えなければならない    昨日が知らず知らず霞んでしまうくらい
絶えず君を越えなければならない    過去が思わず嫉妬してしまうくらい
絶えず君を越えなければならない    数十秒前がまるで別世界になるくらい



最想的な作品となるために、最深的な作品であるために     昨日よりも遥かに遥かに深まっていくように
最想的な作品となるために、最深的な作品であるために     過去よりも遥かに遥かに深まっていくように
最想的な作品となるために、最深的な作品であるために     数十秒前よりも遥かに遥かに深まっていくように



今という時は一瞬なんだって            
これでもかってぐらいに刻みつけるために    ひたすらあらゆる景色で駆け抜けて
今という時は二度と戻らないんだって        
これでもかってぐらいに植えつけるために    ひたすらあらゆる場所へ駆け抜けて

今という時は一瞬なんだって            
これでもかってぐらいに刻みつけるために    ひたすらあらゆる思考で打ち揚げて
今という時は二度と戻らないんだって        
これでもかってぐらいに植えつけるために    ひたすらあらゆる試行を打ち揚げて

今という時は一瞬なんだって            
これでもかってぐらいに刻みつけるために    ひたすらあらゆる表現で描き放って
今という時は二度と戻らないんだって        
これでもかってぐらいに植えつけるために    ひたすらあらゆる想造を描き放って

今という時は一瞬なんだって            
これでもかってぐらいに刻みつけるために    ひたすらあらゆるものを活かして
今という時は二度と戻らないんだって        
これでもかってぐらいに植えつけるために    ひたすらあらゆるものを生かして



最深的な作品と認められるように、最想的な作品と呼ばれるように   今日という日を常に最新な日として
最想的な作品と認められるように、最深的な作品と呼ばれるように   今日という日を常に最深な日として

この思考が、この身体が、この心象が、この感覚が、この記憶が、この本能が、この人格が、この経験が、この蓄積が、この風景が、この螺旋が・・・・・・



数えきれないこの一つ一つの総体が、最深的な作品となれるまで
数えきれないこの一つ一つの総体が、最深的な作品であれるまで     
今日という一瞬を、今という一瞬を   息を呑ませるぐらい活かしていく


数えきれないこの一つ一つの総体が、最想的な作品となれるまで
数えきれないこの一つ一つの総体が、最想的な作品であれるまで     
今日という一瞬を、今という一瞬を   息を呑ませるぐらい生きていく


数えきれないこの一つ一つの総体が、最深的な作品となれるまで
数えきれないこの一つ一つの総体が、最深的な作品であれるまで     
今日という一瞬を、今という一瞬を   分析しきれないぐらい活かしていく


数えきれないこの一つ一つの総体が、最想的な作品となれるまで
数えきれないこの一つ一つの総体が、最想的な作品であれるまで     
今日という一瞬を、今という一瞬を   分析しきれないぐらい生きていく


数えきれないこの一つ一つの総体が、最深的な作品となれるまで
数えきれないこの一つ一つの総体が、最深的な作品であれるまで     
今日という一瞬を、今という一瞬を   見惚れさせ続けるぐらい活かしていく


数えきれないこの一つ一つの総体が、最想的な作品となれるまで
数えきれないこの一つ一つの総体が、最想的な作品であれるまで     
今日という一瞬を、今という一瞬を   見惚れさせ続けるぐらい生きていく


数えきれないこの一つ一つの総体が、最深的な作品となれるまで
数えきれないこの一つ一つの総体が、最深的な作品であれるまで     
今日という一瞬を、今という一瞬を   これでもか!ってぐらい活かしていく


数えきれないこの一つ一つの総体が、最想的な作品となれるまで
数えきれないこの一つ一つの総体が、最想的な作品であれるまで     
今日という一瞬を、今という一瞬を   これでもか!ってぐらい生きていく



数えきれないこの一つ一つの総体のために    
今日という一瞬を、今という一瞬を  活かされる以上に活かしていく

数えきれないこの一つ一つの総体のために   
今日という一瞬を、今という一瞬を  生かされる以上に生きていく 
 







上記のすべての内容に、負けないように 
上記のすべての内容が、現実となるように 
上記のすべての内容を、越えるように
上記のすべての内容が、嘘にならないように
上記のすべての内容に、恥じないように


今日という一瞬一瞬を、今という一瞬一瞬を       最深的な芸術になれるまで
今日という一瞬一瞬を、今という一瞬一瞬を       最想的な芸術になれるまで

イメージ 1

かんじられるすべてをすいこむ     そんないめーじであくなきたんきゅうしんでどんよくに
かんじられるすべてをしみこます    そんないめーじであくなきたんきゅうしんでどんよくに
かんじられるすべてをいろづける    そんないめーじであくなきたんきゅうしんでどんよくに
かんじられるすべてをにじませる    そんないめーじであくなきたんきゅうしんでどんよくに
かんじられるすべてをかなでる      そんないめーじであくなきたんきゅうしんでどんよくに
かんじられるすべてをえがく       そんないめーじであくなきたんきゅうしんでどんよくに
かんじられるすべてをうかべる      そんないめーじであくなきたんきゅうしんでどんよくに
かんじられるすべてをはなつ       そんないめーじであくなきたんきゅうしんでどんよくに




今△皚足△△△拭      \梱杯△△讚△△伸△△
今△皚足△△△拭      \梱杯△△讚△△伸△△拭^讚¬稔一¬稔◆↓⊇岫⊇岫


今△皚足△廊遠△鱈◆     \梱杯△△吻△鱈気△鍬◆
今△皚足△廊遠△鱈◆     \梱杯△△吻△鱈気△鍬◆〆沖◆↓体◆↓考、動◆↓△き


私は、今日満足していることができませんでした          私は、1がどれくらいのより吸角法を施すかという時間を燃やすことができたい気分でした...私がそれを繰り返すならば勇気      それが、遠かったです...満足に、私が長くより方法の勉強を繰り返すならば今日        より多くは、どれの1つのカップを発達させることができたい気がしましたか...私が困難を繰り返すならば勇気     より多くがどれくらい長いかという繰り返しのすべてエネルギーならば;... 


マンゾクデキナカッタ、キョウモ     ソレハアスヘトワタッテイクタメノメンザイフ
マンゾクニハホドトオカッタ、キョウモ   ソレハアスヘトワタッテイクタメノコウジツ


今日も満足することができなかった          そしていくらの時を経てば ······力強く積むことができなかった気がしたそしていくらの研究を移せば ······今日も満足するように(ように) 遠かったそしていくらの申告を移せば ······力強く暮すことができなかった気がしたそしていくらの全力を移せば ······


mannzokudekinakatta、kyoumo     sorehaasuhetowatatteikutamenogenndouryoku
mannzokunihahodotookatta、kyoumo   sorehaasuhetowatatteikutamenokate


itukadokokadekanarazumukaetemitai  mannzokudekitatoiikireruhiwo、tokiwo、bamennwo、shunnkannwo
itukadokokadekanarazumukaetemitai  mannzokudekitatokokoronosokokaraomoeruhiwo、tokiwo、bamennwo、shunnkannwo



接下来赌果断跳进去的全心全意,赌叫自己的想象被把在今天这个的日撞到的接下来果断跳进去的全心全意,赌叫自己的一般被把在今天这个的日撞到的接下来果断跳进去的全心全意,赌叫自己的创造被把在今天这个的日撞到的接下来果断跳进去的全心全意,在今天这个的日撞到叫自己的人生。   


接下来赌果断跳进去的全心全意,赌叫最高限的自己的想象被把在今天这个的日撞到的接下来果断跳进去的全心全意,赌叫最高限的自己的一般被把在今天这个的日撞到的接下来果断跳进去的全心全意,赌叫最高限的自己的创造被把在今天这个的日撞到的接下来果断跳进去的全心全意,在今天这个的日撞到叫最高限的自己的人生。   


接下来赌果断跳进去的全心全意,叫最大限度的自己的想象被把在今天这个的日撞到的感觉不安定,并且也赌接下来果断跳进去的全心全意,叫最大限度的自己的一般被把在今天这个的日撞到的精神不安定,并且也赌接下来果断跳进去的全心全意,用甚至叫最大限度的自己的创造被把在今天这个的日撞到的不完全燃烧赌接下来果断跳进去的全心全意,是叫最大限度的自己的人生被把在今天这个的日撞到的未完成燃烧,但是。


接下来赌果断跳进去的全心全意,赌尽管如果没有什么叫最大限度的自己的想象被把在今天这个的日撞到的たい做了做但是接下来果断跳进去的全心全意,赌叫最大限度的自己的一般被把在今天这个的日撞到的尽管如果微不足道做但是接下来果断跳进去的全心全意,赌叫最大限度的自己的创造被把在今天这个的日撞到的尽管当有,并且正触的时候做但是接下来果断跳进去的全心全意,在今天这个的日撞到叫最大限度的自己的人生||尽管如果细小做但是。




すべての苦悩は、最高かつ最大の想像そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪   
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

すべての苦悩は、最高かつ最大の創造そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪   
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪



すべての高揚は、最高かつ最大の想像そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪   
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

すべての高揚は、最高かつ最大の創造そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪   
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪



すべての絶望は、最高かつ最大の想像そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪   
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

すべての絶望は、最高かつ最大の創造そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪   
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪



すべての絶景は、最高かつ最大の想像そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪   
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

すべての絶景は、最高かつ最大の創造そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪   
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪



すべての日々は、最高かつ最大の想像そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪   
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

すべての日々は、最高かつ最大の創造そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪   
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪



すべての瞬間は、最高かつ最大の想像そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪   
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

すべての瞬間は、最高かつ最大の創造そのものとなるためにあるのだと   
言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪   
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪



立ち止まることなく果敢に飛び込んでいく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に自分という想像をぶつけていく立ち止まることなく果敢に駆け抜けていく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に自分という総体をぶつけていく立ち止まることなく果敢に壊しつくしていく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に自分という創造をぶつけていく立ち止まることなく果敢に積み上げていく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に自分という人生をぶつけていく立ち止まることなく果敢に飛び込んでいく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最高限の自分という想像をぶつけていく立ち止まることなく果敢に駆け抜けていく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最高限の自分という総体をぶつけていく立ち止まることなく果敢に壊しつくしていく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最高限の自分という創造をぶつけていく立ち止まることなく果敢に積み上げていく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最高限の自分という人生をぶつけていく立ち止まることなく果敢に飛び込んでいく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最高限の自分という想像をぶつけていく体調が不安定であろうと立ち止まることなく果敢に駆け抜けていく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最高限の自分という総体をぶつけていく精神が不安定であろうと立ち止まることなく果敢に壊しつくしていく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最高限の自分という創造をぶつけていく不完全燃焼であろうと立ち止まることなく果敢に積み上げていく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最高限の自分という人生をぶつけていく未完成燃焼であろうと立ち止まることなく果敢に飛び込んでいく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最大限の自分という想像をぶつけていくたいしたことなかろうと立ち止まることなく果敢に駆け抜けていく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最大限の自分という総体をぶつけていくちっぽけであろうと立ち止まることなく果敢に壊しつくしていく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最大限の自分という創造をぶつけていくありふれていようと立ち止まることなく果敢に積み上げていく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最大限の自分という人生をぶつけていくささやかであろうと



いつかどこかで必ず迎えてみたい           満足できたと言い切れる日を
いつかどこかで必ず迎えてみたい           満足できたと言い切れる時を
いつかどこかで必ず迎えてみたい           満足できたと言い切れる場面を
いつかどこかで必ず迎えてみたい           満足できたと言い切れる瞬間を
いつかどこかで必ず迎えてみたい           満足できたと心の底から想える風景を


いつかどこかで必ず両手を広げて迎えてみたい      満足できたと言い切れる自分という想像を
いつかどこかで必ず両手を広げて迎えてみたい      満足できたと言い切れる自分という総体を
いつかどこかで必ず両手を広げて迎えてみたい      満足できたと言い切れる自分という創造を
いつかどこかで必ず両手を広げて迎えてみたい      満足できたと言い切れる自分という人生を
いつかどこかで必ず両手を広げて迎えてみたい      満足できたと心の底から想える自分という芸術を

イメージ 1

きっとたどりつかないかぎり、けっしてみたされない
きっとてにしないかぎり、けっしてこぼすことはできない

みすえていくのは、なにかというままのくっきりとしたちゅうしょうせい
みすえていくのは、なにかというままのくっきりとしたげんそうせい
みすえていくのは、なにかというままのくっきりとしたすうこうせい
みすえていくのは、なにかというままのくっきりとしたこうようせい



きっとたどりつかないかぎり、けっしてしせんはずらせない
きっとてにしないかぎり、けっしてじょしょうははじまらない

いろづけていくのは、なにかというままのくっきりとしたちゅうしょうせい
かなでていくのは、なにかというままのくっきりとしたげんそうせい
つづっていくのは、なにかというままのくっきりとしたすうこうせい
うかべていくのは、なにかというままのくっきりとしたこうようせい



たどりつけないかのうせいをおもうとねむれなくなる夜   
ねむらずにすこしでもおおく、すこしでもたかく、すこしでもこく




戻△吻景△豊△覘△薛△吻
ま見△貝△皚△き△Ν⊃喚風△鬮⊃喚∪き△鬮△き△き△性



転△雖△天
少痛△鎰⇒朖
強△雖虫一∈
見△騰∫膈∀
最△騰△銑△光



戻△吻景△豊△覘△薛△吻
ま∧広△伸△鉢△吻△茘△吻⊂櫚景◆↓⊂櫚界広△騰△△


や△
戻△吻△鵜△鼻↓△讚◆  ,臭△吻覚

寄△騰∧岫△騰△△梱△



私は、よりそれを知っていたいです    誰もまだ知らないイメージ風景     ひどく1つの感覚;それを助けて、よりそれを知っていたくしてください    誰もまだ知らないイメージ界     1つの感覚はひどい数の攻撃のために走って、よりそれを知っていたいです    誰もまだ知らない画像の現像     1つの感覚はひどい数の憲法につながることができて、よりそれを知っていたいです    誰もまだ知らないイメージ普及     1つの感覚は、一緒にひどい波を呼びます



クルオシイホドニサキミダレタスガタニイッシュンデウタレタ
ソノヒカラ、ソノシュンカンカラ
メザスバショハモウ


モットモットシリタイ    マダダレモシラナイシンショウブンレツヲ     ソノイッシンガトテツモナイチカラトナリ
モットモットシリタイ    マダダレモシラナイシンショウハンノウヲ     ソノイッシンガトテツモナイシツテキコウセイニカケテイキ
モットモットシリタイ    マダダレモシラナイシンショウバクハツヲ     ソノイッシンガトテツモナイシツテキコウセイヘトツナガレテイキ
モットモットシリタイ    マダダレモシラナイシンショウラセンヲ     ソノイッシンガトテツモナイオモイヲヨビヨセテイク



硫黄目を繰り返して,増加して,増加して輝いてそこに色彩を繰り返して,増加して,増加して色彩そのものにメロディーを繰り返して,増加して,増加してメロディーそのものに描写を繰り返して,増加して,増加して描写そのものに風景を繰り返して,増加して,成長して風景そのものに瞬間を繰り返して,増加して,増加して瞬間そのものに


硫黄目を繰り返して,増加して,深くしてその硫黄目をずっと経って色彩を繰り返して,増加して,深くしてその色彩をずっと経ってメロディーを繰り返して,増加して,深くしてそのメロディーをずっと経って描写を繰り返して,増加して,深くしてその描写をずっと経って風景を繰り返して,増加して,深くしてその風景をずっと経って瞬間を繰り返して,増加して,深くしてその瞬間をずっと過ぎて


すべて数え切れないイエロー帰路になってその硫黄目さえずっと地やその輝いて以上の品物にすべて数え切れない色彩になってその色彩さえずっと地やその色彩以上の品物にすべて数え切れないメロディーになってそのメロディーさえずっと地やそのメロディー以上の品物にすべて数え切れない描写になってその描写さえずっと地やその描写以上の品物にすべて数え切れない風景になってその風景さえずっと地やその風景以上の品物にすべて数え切れない瞬間になってその瞬間さえずっと過ぎてその瞬間以上の品物に




nanigadekirunokanantewakarikkkonai       sitteirunohamiraidake
dokomadeikerunokananntewakarikkonai      sitteirunohamiraidake



dakara、nanigadekirunokanituiteennenntotatidomattenayanndesimaukotonanntenai
dakara、dokomadeikerunokanituiteennentotatidomattenayanndesimaukotonantenai



tada、kyoudekirukotowoseiippaisiteikebaii    kyouikerutokomadeseiippaiikebaii
tada、imadekirukotowoseiippaisiteikebaii    ima、ikerutokomadeseiippaiikebaii


tada、kyoudekirukotowoseiippaisiteikebaii    kyouikaserudakeseiippaiikasebaii
tada、imadekirukotowoseiippaisiteikebaii    ima、ikaserudakeseiippaiikasebaii


tada、kyoudekirukotowoseiippaisiteikebaii    kyouikirerudakeseiikirebaii
tada、imadekirukotowoseiippaisiteikebaii    ima、ikirerudakeseiikirebaii




为没有在将来太沉湎于,使变成菜为今天没有而在相等将来太沉湎于,在菜做的现在而相等




不让去,并且做今天,不发挥拉,并且被使接近的将来被人知道,并且照射的今天,并且做,不给拉,并且被使接近的将来被人知道,并且照射的今天留条活命,并且做,拉,并且被使接近的将来被人知道,并且照射。




为没有在过去太沉湎于,使变成菜为今天没有而在相等过去太沉湎于,在菜做的现在而相等




不完去,并且做今天,不完有生命,并且做拉,并且被使接近的将来被人知道,并且照射的今天,不完生活,并且做拉,并且被使接近的将来被人知道,并且照射的今天,拉,并且被使接近的将来被人知道,并且照射。




太拘泥于完全,使变成菜的今天为没有为没有而相等的太完全有关系,在菜做的现在而相等




不让去,并且做今天,不发挥拉,并且被使接近的将来被人知道,并且照射的今天,并且做,不给拉,并且被使接近的将来被人知道,并且照射的今天留条活命,并且做,拉,并且被使接近的将来被人知道,并且照射。




为没有为没有而太被人以缺陷看待,使变成菜的今天太被囚于相等的缺陷,在菜做的现在而相等




不完去,并且做今天,不完有生命,并且做拉,并且被使接近的将来被人知道,并且照射的今天,不完生活,并且做拉,并且被使接近的将来被人知道,并且照射的今天,拉,并且被使接近的将来被人知道,并且照射。




君が闘うべきなのは誰かじゃない    とっくに知っているはず
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪    ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪



絶えず君を越えなければならない    昨日よりも遥かに
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪    ♪♪♪♪♪♪♪
絶えず君を越えなければならない    数十秒前よりも遥かに


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪    ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
絶えず君を越えなければならない    過去が思わず嫉妬してしまうくらい
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪    ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
最想的な作品となるために、最深的な作品であるために     昨日よりも遥かに遥かに深まっていくように
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪     ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
最想的な作品となるために、最深的な作品であるために     数十秒前よりも遥かに遥かに深まっていくように
今という時は一瞬なんだってこれでもかってぐらいに刻みつけるためにひたすらあらゆる景色で駆け抜けて今という時は二度と戻らないんだってこれでもかってぐらいに植えつけるためにひたすらあらゆる場所へ駆け抜けて今という時は一瞬なんだってこれでもかってぐらいに刻みつけるためにひたすらあらゆる思考で打ち揚げて今という時は二度と戻らないんだってこれでもかってぐらいに植えつけるためにひたすらあらゆる試行を打ち揚げて今という時は一瞬なんだってこれでもかってぐらいに刻みつけるためにひたすらあらゆる表現で描き放って今という時は二度と戻らないんだってこれでもかってぐらいに植えつけるためにひたすらあらゆる想造を描き放って今という時は一瞬なんだってこれでもかってぐらいに刻みつけるためにひたすらあらゆるものを活かして今という時は二度と戻らないんだってこれでもかってぐらいに植えつけるためにひたすらあらゆるものを生かして最深的な作品と認められるように、最想的な作品と呼ばれるように今日という日を常に最新な日として最想的な作品と認められるように、最深的な作品と呼ばれるように今日という日を常に最深な日としてこの思考が、この身体が、この心象が、この感覚が、この記憶が、この本能が、この人格が、この経験が、この蓄積が、この風景が、この螺旋が・・・・・・



数えきれないこの一つ一つの総体が、最深的な作品となれるまで
数えきれないこの一つ一つの総体が、最深的な作品であれるまで  
   
今日という一瞬を、今という一瞬を   息を呑ませるぐらい活かしていく



数えきれないこの一つ一つの総体が、最想的な作品となれるまで
数えきれないこの一つ一つの総体が、最想的な作品であれるまで  
   
今日という一瞬を、今という一瞬を   息を呑ませるぐらい生きていく



数えきれないこの一つ一つの総体が、最深的な作品となれるまで
数えきれないこの一つ一つの総体が、最深的な作品であれるまで  
   
今日という一瞬を、今という一瞬を   分析しきれないぐらい活かしていく



数えきれないこの一つ一つの総体が、最想的な作品となれるまで
数えきれないこの一つ一つの総体が、最想的な作品であれるまで    
 
今日という一瞬を、今という一瞬を   分析しきれないぐらい生きていく



数えきれないこの一つ一つの総体が、最深的な作品となれるまで
数えきれないこの一つ一つの総体が、最深的な作品であれるまで  
   
今日という一瞬を、今という一瞬を   見惚れさせ続けるぐらい活かしていく



数えきれないこの一つ一つの総体が、最想的な作品となれるまで
数えきれないこの一つ一つの総体が、最想的な作品であれるまで 
    
今日という一瞬を、今という一瞬を   見惚れさせ続けるぐらい生きていく

イメージ 1

感じられるすべてを吸い込むそんなイメージであくなき探究心で貪欲に感じられるすべてを染み込ますそんなイメージであくなき探究心で貪欲に感じられるすべてを色づけるそんなイメージであくなき探究心で貪欲に感じられるすべてを滲ませるそんなイメージであくなき探究心で貪欲に感じられるすべてを奏でるそんなイメージであくなき探究心で貪欲に感じられるすべてを描くそんなイメージであくなき探究心で貪欲に感じられるすべてを浮かべるそんなイメージであくなき探究心で貪欲に感じられるすべてを放つそんなイメージであくなき探究心で貪欲に今日も満足できなかった精一杯生ききれなかった気がした今日も満足できなかった精一杯生ききれなかった気がした一場面一場面を、一瞬一瞬を今日も満足には程遠かった精一杯焦がせなかった気がした 今日も満足には程遠かった精一杯焦がせなかった気がした 魂を、身体を、思考を、言動を、想いを今日も満足できなかったあとどれだけの時を重ねれば・・・精一杯焦がせなかった気がしたあとどれだけの研鑽を重ねれば・・・今日も満足には程遠かったあとどれだけの辛苦を重ねれば・・・精一杯生ききれなかった気がしたあとどれだけの全力を重ねれば・・・できなかった、今日もそれは明日へと渡っていくための免罪符満足には程遠かった、今日もそれは明日へと渡っていくための口実今日も満足できなかったあとどれだけの時を乗り越えていけば・・・・・・精一杯焦がせなかった気がしたあとどれだけの研鑽を乗り越えていけば・・・・・・今日も満足には程遠かったあとどれだけの辛苦を乗り越えていけば・・・・・・精一杯生ききれなかった気がしたあとどれだけの全力を乗り越えていけば・・・・・・満足できなかった、今日もそれは明日へと渡っていくための原動力満足には程遠かった、今日もそれは明日へと渡っていくための糧いつかどこかで必ず迎えてみたい満足できたと言い切れる日を、時を、場面を、瞬間をいつかどこかで必ず迎えてみたい満足できたと心の底から想える日を、時を、場面を、瞬間をそのために果敢に飛び込んでいく全身全霊を賭けて、今日という日に自分という想像をぶつけていくそのために果敢に飛び込んでいく全身全霊を賭けて、今日という日に自分という総体をぶつけていくそのために果敢に飛び込んでいく全身全霊を賭けて、今日という日に自分という創造をぶつけていくそのために果敢に飛び込んでいく全身全霊を賭けて、今日という日に自分という人生をぶつけていくそのために果敢に飛び込んでいく全身全霊を賭けて、今日という日に最高限の自分という想像をぶつけていくそのために果敢に飛び込んでいく全身全霊を賭けて、今日という日に最高限の自分という総体をぶつけていくそのために果敢に飛び込んでいく全身全霊を賭けて、今日という日に最高限の自分という創造をぶつけていくそのために果敢に飛び込んでいく全身全霊を賭けて、今日という日に最高限の自分という人生をぶつけていくそのために果敢に飛び込んでいく全身全霊を賭けて、今日という日に最大限の自分という想像をぶつけていく体調が不安定でもそのために果敢に飛び込んでいく全身全霊を賭けて、今日という日に最大限の自分という総体をぶつけていく精神が不安定でもそのために果敢に飛び込んでいく全身全霊を賭けて、今日という日に最大限の自分という創造をぶつけていく不完全燃焼でもそのために果敢に飛び込んでいく全身全霊を賭けて、今日という日に最大限の自分という人生をぶつけていく未完成燃焼でもそのために果敢に飛び込んでいく全身全霊を賭けて、今日という日に最大限の自分という想像をぶつけていくたいしたことないとしてもそのために果敢に飛び込んでいく全身全霊を賭けて、今日という日に最大限の自分という総体をぶつけていくちっぽけだとしてもそのために果敢に飛び込んでいく全身全霊を賭けて、今日という日に最大限の自分という創造をぶつけていくありふれているとしてもそのために果敢に飛び込んでいく全身全霊を賭けて、今日という日に最大限の自分という人生をぶつけていくささやかだとしてもすべての苦悩は、最高かつ最大の想像そのものとなるためにあるのだと言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じてすべての苦悩は、最高かつ最大の総体そのものとなるためにあるのだと言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じてすべての苦悩は、最高かつ最大の創造そのものとなるためにあるのだと言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じてすべての苦悩は、最高かつ最大の芸術そのものとなるためにあるのだと言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じてすべての高揚は、最高かつ最大の想像そのものとなるためにあるのだと言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じてすべての高揚は、最高かつ最大の総体そのものとなるためにあるのだと言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じてすべての高揚は、最高かつ最大の創造そのものとなるためにあるのだと言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じてすべての高揚は、最高かつ最大の人生そのものとなるためにあるのだと言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じてすべての絶望は、最高かつ最大の想像そのものとなるためにあるのだと言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じてすべての絶望は、最高かつ最大の総体そのものとなるためにあるのだと言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じてすべての絶望は、最高かつ最大の創造そのものとなるためにあるのだと言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じてすべての絶望は、最高かつ最大の人生そのものとなるためにあるのだと言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じてすべての絶景は、最高かつ最大の想像そのものとなるためにあるのだと言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じてすべての絶景は、最高かつ最大の総体そのものとなるためにあるのだと言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じてすべての絶景は、最高かつ最大の創造そのものとなるためにあるのだと言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じてすべての絶景は、最高かつ最大の人生そのものとなるためにあるのだと言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じてすべての日々は、最高かつ最大の想像そのものとなるためにあるのだと言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じてすべての日々は、最高かつ最大の総体そのものとなるためにあるのだと言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じてすべての日々は、最高かつ最大の創造そのものとなるためにあるのだと言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じてすべての日々は、最高かつ最大の人生そのものとなるためにあるのだと言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じてすべての瞬間は、最高かつ最大の想像そのものとなるためにあるのだと言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じてすべての瞬間は、最高かつ最大の総体そのものとなるためにあるのだと言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じてすべての瞬間は、最高かつ最大の創造そのものとなるためにあるのだと言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じてすべての瞬間は、最高かつ最大の人生そのものとなるためにあるのだと言い聞かせ、読み聞かせ、染み込ませ、信じて立ち止まることなく果敢に飛び込んでいく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に自分という想像をぶつけていく立ち止まることなく果敢に駆け抜けていく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に自分という総体をぶつけていく立ち止まることなく果敢に壊しつくしていく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に自分という創造をぶつけていく立ち止まることなく果敢に積み上げていく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に自分という人生をぶつけていく立ち止まることなく果敢に飛び込んでいく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最高限の自分という想像をぶつけていく立ち止まることなく果敢に駆け抜けていく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最高限の自分という総体をぶつけていく立ち止まることなく果敢に壊しつくしていく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最高限の自分という創造をぶつけていく立ち止まることなく果敢に積み上げていく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最高限の自分という人生をぶつけていく立ち止まることなく果敢に飛び込んでいく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最高限の自分という想像をぶつけていく体調が不安定であろうと立ち止まることなく果敢に駆け抜けていく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最高限の自分という総体をぶつけていく精神が不安定であろうと立ち止まることなく果敢に壊しつくしていく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最高限の自分という創造をぶつけていく不完全燃焼であろうと立ち止まることなく果敢に積み上げていく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最高限の自分という人生をぶつけていく未完成燃焼であろうと立ち止まることなく果敢に飛び込んでいく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最大限の自分という想像をぶつけていくたいしたことなかろうと立ち止まることなく果敢に駆け抜けていく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最大限の自分という総体をぶつけていくちっぽけであろうと立ち止まることなく果敢に壊しつくしていく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最大限の自分という創造をぶつけていくありふれていようと立ち止まることなく果敢に積み上げていく全身全霊を賭けて、一瞬一瞬に最大限の自分という人生をぶつけていくささやかであろうと

イメージ 1

きっと辿り着かない限り、決して満たされないきっと手にしない限り、決して零すことはできない見据えていくのは、何かというままのくっきりとした抽象性見据えていくのは、何かというままのくっきりとした幻想性見据えていくのは、何かというままのくっきりとした崇高性見据えていくのは、何かというままのくっきりとした高揚性きっと辿り着かない限り、決して視線はずらせないきっと手にしない限り、決して序章は始まらない色づけていくのは、何かというままのくっきりとした抽象性奏でていくのは、何かというままのくっきりとした幻想性綴っていくのは、何かというままのくっきりとした崇高性浮かべていくのは、何かというままのくっきりとした高揚性辿り着けない可能性を想うと眠れなくなる夜眠らずに少しでも多く、少しでも高く、少しでも濃く戻れない景色に耽るくらいならまだ見たこともないような心象風景を、心象世界を築いていくだけ転がりゆく摩天楼少し憂いげ痛みわけ陽炎強がり弱虫精一杯混合見果てぬ憂鬱蜃気楼最果てぶち抜き幻光戻れない景色に耽るくらいならまだ聞いたこともないような心象風景を、心象世界を広げていくだけやがて戻れないけれど、戻れるそんな感覚が時々寄せては返していくはずだからもっともっと知りたいまだ誰も知らない心象風景をその一心がとてつもない力となりもっともっと知りたいまだ誰も知らない心象世界をその一心がとてつもない数的攻勢に駆けていきもっともっと知りたいまだ誰も知らない心象展開をその一心がとてつもない数的構成へと繋がれていきもっともっと知りたいまだ誰も知らない心象拡散をその一心がとてつもない波を呼び寄せていく狂おしいほどに咲き乱れた姿に一瞬で撃たれたその日から、その瞬間から目指す場所はもうもっともっと知りたいまだ誰も知らない心象分裂をその一心がとてつもない力となりもっともっと知りたいまだ誰も知らない心象反応をその一心がとてつもない質的攻勢に駆けていきもっともっと知りたいまだ誰も知らない心象爆発をその一心がとてつもない質的構成へと繋がれていきもっともっと知りたいだ誰も知らない心象螺旋をその一心がとてつもない想を呼び寄せていく煌きを重ねて、増して、増して煌きそのものへ色彩を重ねて、増して、増して色彩そのものへ旋律を重ねて、増して、増して旋律そのものへ描写を重ねて、増して、増して描写そのものへ風景を重ねて、増して、増して風景そのものへ瞬間を重ねて、増して、増して瞬間そのものへ煌きを重ねて、増して、深めて煌きを遥かに越えて色彩を重ねて、増して、深めて色彩を遥かに越えて旋律を重ねて、増して、深めて旋律を遥かに越えて描写を重ねて、増して、深めて描写を遥かに越えて風景を重ねて、増して、深めて風景を遥かに越えて瞬間を重ねて、増して、深めて瞬間を遥かに越えてなにができるのかなんてわかりっこない知っているのは未来だけどこまで行けるのかなんてわかりっこない知っているのは未来だけだから、何ができるのかについて延々と立ち止まって悩んでしまうことなんてないだから、どこまで行けるのかについて延々と立ち止まって悩んでしまうことなんてないただ、今日できることを精一杯していけばいい今日行けるとこまで精一杯行けばいいただ、今できることを精一杯していけばいい今、行けるとこまで精一杯行けばいいただ、今日できることを精一杯していけばいい今日活かせるだけ精一杯活かせばいいただ、今できることを精一杯していけばいい今、活かせるだけ精一杯活かせばいいただ、今日できることを精一杯していけばいい今日生きれるだけ精一杯生きればいいただ、今できることを精一杯していけばいい今、生きれるだけ精一杯生きればいい未来に耽りすぎて等閑にする今日なんてないに等しい未来に耽りすぎて等閑にする今なんてないに等しい今日を行かさずして、手繰り寄せられる未来なんて知れてる今日を活かさずして、手繰り寄せられる未来なんて知れてる今日を生かさずして、手繰り寄せられる未来なんて知れてる過去に耽りすぎて等閑にする今日なんてないに等しい過去に耽りすぎて等閑にする今なんてないに等しい今日を行ききらずして、手繰り寄せられる未来なんて知れてる今日を活ききらずして、手繰り寄せられる未来なんて知れてる今日を生ききらずして、手繰り寄せられる未来なんて知れてる完全に拘りすぎて等閑にする今日なんてないに等しい完全に拘りすぎて等閑にする今なんてないに等しい今日を行かさずして、手繰り寄せられる未来なんて知れてる今日を活かさずして、手繰り寄せられる未来なんて知れてる今日を生かさずして、手繰り寄せられる未来なんて知れてる欠陥に囚われすぎて等閑にする今日なんてないに等しい欠陥に囚われすぎて等閑にする今なんてないに等しい今日を行ききらずして、手繰り寄せられる未来なんて知れてる今日を活ききらずして、手繰り寄せられる未来なんて知れてる今日を生ききらずして、手繰り寄せられる未来なんて知れてる君が闘うべきなのは誰かじゃないとっくに知っているはず君が闘うべきなのは何かじゃないとっくに気づいているはず絶えず君を越えなければならない昨日よりも遥かに絶えず君を越えなければならない過去より遥かに絶えず君を越えなければならない数十秒前よりも遥かに絶えず君を越えなければならない昨日が知らず知らず霞んでしまうくらい絶えず君を越えなければならない過去が思わず嫉妬してしまうくらい絶えず君を越えなければならない数十秒前がまるで別世界になるくらい最想的な作品となるために、最深的な作品であるために昨日よりも遥かに遥かに深まっていくように最想的な作品となるために、最深的な作品であるために過去よりも遥かに遥かに深まっていくように最想的な作品となるために、最深的な作品であるために数十秒前よりも遥かに遥かに深まっていくように今という時は一瞬なんだってこれでもかってぐらいに刻みつけるためにひたすらあらゆる景色で駆け抜けて今という時は二度と戻らないんだってこれでもかってぐらいに植えつけるためにひたすらあらゆる場所へ駆け抜けて今という時は一瞬なんだってこれでもかってぐらいに刻みつけるためにひたすらあらゆる思考で打ち揚げて今という時は二度と戻らないんだってこれでもかってぐらいに植えつけるためにひたすらあらゆる試行を打ち揚げて今という時は一瞬なんだってこれでもかってぐらいに刻みつけるためにひたすらあらゆる表現で描き放って今という時は二度と戻らないんだってこれでもかってぐらいに植えつけるためにひたすらあらゆる想造を描き放って今という時は一瞬なんだってこれでもかってぐらいに刻みつけるためにひたすらあらゆるものを活かして今という時は二度と戻らないんだってこれでもかってぐらいに植えつけるためにひたすらあらゆるものを生かして最深的な作品と認められるように、最想的な作品と呼ばれるように今日という日を常に最新な日として最想的な作品と認められるように、最深的な作品と呼ばれるように今日という日を常に最深な日としてこの思考が、この身体が、この心象が、この感覚が、この記憶が、この本能が、この人格が、この経験が、この蓄積が、この風景が、この螺旋が・・・・・・

このページのトップヘ